にっこりっか -保育士による子育て情報ブログサイト-

家族みんながいつまでも笑顔でいられますように。そんな願いを込めた「にっこりな一家」という言葉が当サイト名の由来です。

ストレス 子供の心理

引っ越しが多い。子供の心理的な影響は?4つのケアでストレスを和らげる

引っ越し引っ越しらんらんらんっ♪とはいかない引っ越し。
引っ越し前後はとってもばたばたしていて、子供に気を使ってられない!ってことも…。

子供がある程度大きければ、あれやってこれやってってできますが、保育園くらいの子や赤ちゃんとなるとそうはいきませんよね…。

また、引っ越しをすることで生活ががらりと変わってしまうこともあります。
引っ越しには確かにいいこともあるかもしれませんが、デメリットも兼ね備えているんですよね。

では、そんな引っ越しに対しての子供の心境や精神的にはどう影響しているのでしょう。
今回はそれを探っていきたいと思います。

スポンサーリンク


引っ越しによる変化

hikkosihenka

まず、引っ越しをすることで何が変わるのかを確認していくことにしましょう。

周囲の環境が変わる

まず、今まで生き慣れていた公園やお店などが変わってしまいます。さらに、保育園・幼稚園が変わってしまいます。

人間関係が変わる

これは、住む場所が変わるので当然のことですよね。保育園・幼稚園に通うとなると1からのスタートです。子どもにとっては不安で押しつぶされそうになってしまう子もいると思います。

生活が変わる

家が変われば生活のスタイルなども変わってきますよね。
今までゆっくりと朝過ごしていたけれど、ちょっと遠くなったため少し早めのばたばたになってしまったりすることも、またそれの逆もあり得ると思います。

 

このように、引っ越しをするということはいくつかのリスクを抱えているということになります。
ですが、悪いことだけではありませんよね。

今まで、意地悪ばかりされていたけれど、引っ越しして園が変わったことにより、仲の良い友達ができたり、心機一転できたりすることもあります。

 

ただ、引っ越しの前後は親としてはとってもばたばたしていて仕事していなくても忙しいです。
ですので、いつもとは違う雰囲気の中で数日子どもは過ごすことになるのです。

またそれも、引っ越しによる変化の1つになると思います。

子供のストレスサイン

stressign

引っ越しは、子供に対してもストレスを与える要因の1つになります。
ですが、子供によってストレスの表し方は様々です。

  • ストレスをものともせずケロッとしている子
  • ふさぎがちになってしまう子
  • 暴飲、暴食に走ってしまう子
  • 毎晩夜泣きをする子
  • 反抗期になってしまう子
  • 体調不良が続くようになってしまう子

このくらいでしょうか。
子供にかかるストレスは結構膨大なんですよね…。

 

「子供はストレスを感じない。ストレスなんてものはない。」と私は子供時代に言われました。
確かに、大人に比べたらないのかもしれません。

ですが、子供だって人間です。ストレスくらい感じますよ!!

私的には、子供だからストレスを感じやすいと思っています。子どもは敏感ですからね。

ケアしてあげたい4つのこと

4care

引っ越し以外にもしてほしいことですが、ストレスを感じさせてしまうときは特にやってほしいケアです。

1.子どもをしっかり見てあげる

そんなこといつもしている。と思いがちな当たり前のことです。
当たり前を当たり前にできることこそがいいのですよ。

本当に子どもをしっかり見ていますか?体調の変化を表情からすぐに読み取れますか?いつもとどこか違う様子だったらすぐに読み取り処置ができますか?

見るということは、傍観ではありませんよ?しっかりと内面まで見てあげるのが子育てです。
安全に過ごせるように、危険だけを取り除くというのは、見るとは言いませんよ。

2.たくさんのコミュニケーションをとる

自分が思っているよりもたくさんコミュニケーションをとってあげてください。
特に、会話が大切です。本などに対しての感想の言い合いだったりなんでもいいです。

とにかく、わが子とたくさん会話をかわすことをしてください。
会話をすることで、その子が何を思って過ごしているのか見えてくるはずです。

3.楽しみを作る

引っ越しは環境が変わります。ですから、子どもは不安でしかないと思います。
ですので、引っ越し先でなにか楽しいと思えるようなことを作ってあげてください。

そうすることで、子供の安心感につながり、精神も安定してくるでしょう。
今までは公園が近くになかったけれど、近くに公園があるなどなんでも大丈夫ですよ。

4.今まで通りを心がける

できれば、そんながらっと変わるような生活は避けてあげてほしいです。
今までのような生活を心がけるようにしてあげてください。

がらっと変わってしまうと、精神だけでなく肉体的にもダメージを与えてしまいます。
子供は本当に敏感で、傷つきやすい存在です。

引っ越しをする前も後も、子供にとってはママとパパがしっかりいて、一緒に過ごすということが何よりも大切な時間です。可能な限り、一緒にいる時間を作ってあげるようにしましょう。

 

以上が子供にとってしてほしい4つのケアになります。
案外難しいことかもしれません。今まで子どもと向き合ってきてない!という方は引っ越しを期に向き合うということをしてもいいと思いますよ。

まとめ

hikkosimatome

  1. 引っ越しによって生活は大きく変わる
  2. 子供は膨大なストレスを受ける
  3. 4つのケアでストレスを和らげる

今回の記事は以上になります。
転勤などで引っ越しが多い家庭もありますよね。私は引っ越し経験がありません…。

できれば、子供が小さいうちは引っ越しはしないでほしいとは思います。
ですが、家庭の事情なら仕方がないとも思います。

大人の事情で小さな子供を振り回してしまっている。ということだけは忘れないでください。
仕事だから仕方がない。ではないのですよ。自分が子供だったらということを考えてみてくださいね。

ただ、子供が今の環境にまったく慣れないなど子どもが原因の場合は引っ越しをおすすめします!
子供にとって最適な環境を用意することも親の務めですからね♪

スポンサーリンク

関連記事



-ストレス, 子供の心理
-,