にっこりっか -保育士による子育て情報ブログサイト-

家族みんながいつまでも笑顔でいられますように。そんな願いを込めた「にっこりな一家」という言葉が当サイト名の由来です。

ディズニーシー

ディズニーランドクラブ33に都市伝説があった!?少し怖いものも…

ディズニーランドのクラブ33といえば、会員制のレストラン&ラウンジで一般の人はなかなか入る事の出来ないVIP専用のクラブですよね。

昔はその存在自体が都市伝説でしたが、SNSが普及してクラブ33の存在は多くの人に知れ渡りました。

でも実はクラブ33には都市伝説が存在するのを知っていますか?
今回はそんなクラブ33の都市伝説について書いて行こうと思います!

スポンサーリンク


カジノ「CLUB33」が存在する?

ディズニーランドには伝説のカジノ「CLUB33」が地下深くに建設されており、完全会員制で何重もの厳重な警備を施し、豪華な内装と広大な広さを誇るというもの。

会員になるのも非常に厳しい金銭面の条件があり、簡単にはなれないとの噂も...

「CLUB33」の中ではバニーガールの代わりにミッキーの耳をと尻尾をつけた「マウスガール」とよばれる美女たちがお酒をもって歩き回っていたり、カジノの内装のいたるところにディスニー色がちりばめられているとか!

この噂はクラブ33が本当に限られた人にしか入る事の出来ない空間で、中の様子もほとんど分からない為できた都市伝説のような気もしますが、ディズニーランドはとても広大な土地の為、地下にカジノがあってもおかしくは無いと思ってしまいます。

ただ、本当にカジノが存在しているとしたらちょっとブラックな都市伝説ですよね。

そしてバニーガールではなくマウスガール…とっても気になり、見てみたいと思うのは私だけでしょうか(笑)

政財界の要人専用の秘密クラブが存在する?

クラブ33には一般会員の他に政財界専用クラブが存在するというもの!

しかもこの場所ではディズニーランドの運営をしているオリエンタルランドが政財界の重鎮や、マスコミ界の幹部を接待する際にも使われているとか…。

しかもその人たちは一般のルートではなく特別な地下通路から要人専用のクラブ33へ移動している為、私達一般の人達が目にすることは無いというもの。

 

今から数十年前に当時オリエンタルランド社長だった加賀美氏が呼びかけ人となってとあるパーティがクラブ33で開かれ、その座席表がマスコミに流出したことがあったらしいのですが、そこには日本の政界を動かす政治家たちの名前がずらりと並んでいたとか…!

確かに有名人がディズニーランドに来ているというのはテレビ取材でもない限り私達が見つけることは殆ど無いですよね…。

そう考えると地下通路の存在は本当にありそうな気がします!

また、一般の人が食事をしているところに財界の人が来たらそれこそ色々噂になりそうですよね。そう考えると財界専用のクラブ33があっても確かにおかしくはない…かもしれません。

本当にあるなら是非見てみたいです!

クラブ33には会員特典がある

クラブ33の会員はディズニーランドに行く際、特別なパスポートを渡されており、そのパスポートを利用すれば何時間も待つアトラクションも順番待ちせず乗る事ができる。または秘密の通路からアトラクションに乗れるというもの。

しかもVIPの場合クラブ33で提供される料理などが全て無料だとか…

その理由はなんと「ミッキーのおごり」という事ですが、会員の人はとんでもない金額の会費を払っているのでそれに含まれているらしいというもの!

待ち時間なしでアトラクションに乗れたら素敵ですよね!

 

でも今はアトラクションに並ぶ際パスポートをいちいち見せたりしないので、信憑性がちょっと薄いかな?

でも秘密の通路が本当にあったら並んでいる人に気づかれる事なくアトラクションに乗っているかもしれませんが…(笑)

そして料理が無料という説ですが、こちらも本当かどうか確認しようがありませんね…
でも本当だったら凄いですよね!ミッキーのおごりというのがユーモアありますよね♪

会員になる条件などがとんでもない?!

アメリカのディズニーランドにあるクラブ33は入会金と年会費が数百万単位の金額だといわれており、入会金は約250万、年会費は約100万円だとか…。

またお金以外にも会員になるには関係のある会社役員や大物政治家、一部の有名人や社会的に影響力のある限られた人しか会員になれないというもの。

にもかかわらず、会員の追加募集が再開された2012年には2030年ごろまで希望者が順番待ちしているとか!!

まず金額に驚きが隠せません…。ゼロが1つ多いのではと思う位のお値段ですね!

会員になる条件もちょっと厳しい気がしますよね。いずれにせよ、謎の多いクラブ33だからこその都市伝説ですね!

まとめ

ディズニーランドの中で圧倒的に情報が少ない「クラブ33」だからこそ噂される都市伝説というような感じがしますね!

調べてみると他のディズニーランドの都市伝説と比べちょっと夢からかけ離れているというか、一層現実味を帯びた内容の都市伝説が多い気がしました。

嘘っぽい内容から、もしも本当だったら大変!という内容まで色々ささやかれていましたね。

もちろん、信じるか信じないかはみなさん次第です(笑)

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

私はもともと高卒貧乏バンドマンでしたが、
月収100万円を達成することができました。

大好きなディズニーにも
いつでも好きなときに行けるようになりました。

平日の空いているときを狙って
友人やパートナーとしょっちゅう行っています。

きっかけは、「起業」という世界に魅了され、
まずは副業からPC1台でビジネスを始めたこと。

今は自動販売機のような仕組みも作ったので
仕事をする時間は1日5分〜10分程度、
いやむしろ、たとえ1日中寝ていたとしても
自動的に毎日収入が生まれるようになりました。

 

起業を教える通信講座なども運営していて、
受講生も次々と自動収益の仕組みを作り
副業月収20万円超えも数多く輩出しています。

最近は、ネットの発達によって、非常に
副業をやりやすい環境が整ってきているので、
1ヶ月目で月収5万円の副収入を
軽々と作ってしまう人も少なくありません。

会社員・専業主婦・大学生、
さらには高校生までも、多くの人が
自由なライフスタイルを確立しています。

 

たまに昔の友人に会ったときには
「絶対ウソだ〜!笑」と言われますが、
事実は事実なので他に言いようがありません。

詳しい話をすれば徐々に信じてもらえますが、
それでも「あなたにはビジネスの才能があって羨ましいなぁ」
と言われて終わりです。

いやいや、私に才能なんて微塵もないんだけど。。

大学受験は滑り止めも全て落ちて
どこにも行けなくて惨めな想いをしたし、

何か知識や資格があったわけでもなければ
ビジネスなんてやったこともないズブの素人。

もちろん特別な人脈なんてありっこないし
起業の軍資金が莫大にあったわけでもない。
むしろ貧乏すぎて借金まみれだったくらいです。

 

そんな私でも、ビジネスに出会い、
少しの間だけ真面目に実践してみたところ
意外とあっさり人生がひっくり返りました。

月収100万円を稼げるようになったことで
心に余裕も生まれたし、自信も持てるようになった。

コンビニで大好きなピノを買うときに
昔のように迷うこともなくなったし、
大抵のものは手に入るようになった。

人生のパートナーと呼べる人とも出会えて
心から笑いあえる楽しい時間も圧倒的に増えた。

 

これらは全部「ビジネスを学んだおかげ」と言えます。

 

正しい知識を得て行動を起こせば
どんな人でも稼ぐことはできます。

こんな何も持っていない普通以下の人間ですら
結果を出すことに成功できたわけなので。

しかも、「ただ稼ぐだけ」ではなく
「多くの人に感謝されながら」稼げる。

 

実際に私のところには毎日のように、

「教えていただいた情報のおかげで
ビジネスで収益を上げることができるようになりました!
本当にありがとうございます!!」

というようなメールがたくさん届きます。

 

昔は、人が喜ぶことなんて正直どうでも良かったけど、
今は収入が増えて心に余裕があるおかげか
そういったメールを読むと自分のことのように嬉しくなります。

なので今は、
昔の私と同じようにお金に悩み苦しんでいる人にとって
少しでも手助けになれれば、という想いで、
こうして情報発信の活動をしています。

 

ちなみに私はメールマガジンも配信していて、
そこでは私が今までに学んできた情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなどを
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

有益なプレゼントもたくさん配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと♪

私自身、楽しみながら書いているので、

「純粋に読み物としても面白い!」

という人もたくさんいらっしゃいます。

 

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。

LP_banner


※秘匿性の高い情報が記載されているため、
「今から30分で2万円を作れる特別マニュアル」のプレゼントは
先着順&期間限定配布となりますので、ご了承ください。
定員に達し次第、予告なくプレゼント配布は終了となります。

関連記事



-ディズニーシー
-, , ,