にっこりっか -保育士による子育て情報ブログサイト-

家族みんながいつまでも笑顔でいられますように。そんな願いを込めた「にっこりな一家」という言葉が当サイト名の由来です。

子供の食事

離乳食を急に嫌がるように!6〜7ヶ月頃の6つの対策!まずい…。

離乳食が始まると本当苦戦しますよねー…。
保育所でも家庭でも離乳食って作るのもあげるのも大変ですよね。

でも離乳食を食べさせないと一生ミルクになってしまう。
そんな人生かわいそうだし、人としてどうなのかと思うのでやらなくては。

 

生き物にとって食べるということは当たり前の行為ですよね。
けれど、人間の赤ちゃんにとってはそれは不思議で仕方がないことなんです。

ずっと母乳やミルクを飲んできたのに、いきなり別のものが口に入るのです。
そうなると不安になって、びっくりするのは当然と言っていいでしょう。

特に離乳始まりは嫌がることがあるかと思います。

今回は、その悩みにこたえていこうと思います。

スポンサーリンク


離乳食を嫌がる原因

まずは、どうして赤ちゃんが離乳食を急に食べなくなったのかを探る必要性があります。その原因をいくつかあげていきましょう。

  • 食感が違う
  • 環境が違う
  • 食べさせ方が違う
  • 気分ではない
  • お腹が空いていない
  • お腹がすきすぎている
  • 食材にびっくりしている

これくらいですかね。
赤ちゃんににも意思はあるので、このくらいのことは思っているということです。

親からしたら、たった6カ月の赤ちゃんに「下手くそ!これ美味しくないよ。まずいよ。」と言われているようですよね。そんなの嫌ですよね!

では、どうしたら良いのかを次に探っていくとしましょう。

離乳食対策

それでは今回の記事の本題に入っていきましょう。

食感が違う

食感が違うのは、火加減や煮詰めいている時間にもよると思います。
それだけでも子どもはとっても敏感に感じ取ります。

特に、初めて離乳食を食べた子どもはとっても敏感です。
1番最初に作った離乳食と全く同じようにしばらく作るようにしましょう。

環境・食べさせ方

これについては、最初から同じように食べさせるようにしましょう。
最初の方は抱っこであげていたりして、大丈夫そうだからと椅子にしてみたり。

または、あげる人を毎回変えてみたり…。
たったそれだけと思いますが、それだけで赤ちゃんはとても不安になります。

ですので、離乳食を始めるなら最初から椅子で定位置にしましょう。
あげる人は1か月くらいは同じ人にしましょう。

気分ではない

これは、赤ちゃんのその時の気分です。
「今はどうしても、離乳食ではなくミルクという気分だ!」というような感じです。

まだ6~7か月程度なら母乳やミルクだけでも十分な栄養補給ができます。
ですので、どうしても食べないというならミルクだけでも大丈夫です。

お腹が空いていない

離乳食をしっかりと同じ時間にあげていますか?
また、間食をさせすぎてはいませんか?

赤ちゃんというのは、ご飯のサイクルというのがまだ出来ていません。
ですので、離乳食をあげるときは時間を決めるようにしましょう。

そういう風に繰り返すことで、その時間にお腹がすくようになってきますよ。

お腹がすきすぎている

これは、時間を気にしすぎてしまって機嫌が悪くなってしまったときですね。
確かに、一定にすることはサイクルを作っていくうえで重要です。

ですが、離乳食初期というのは離乳食というのに慣れるのが目的です。

ミルク以外のものに慣れるというが1番の目的なので、お腹が空いて泣いてしまったらミルクを先にあげても大丈夫です。

それで離乳食を食べないという場合には、離乳食の時間を早めましょう。
ミルクを飲んでも食べてくれるのなら問題ないです。

食材

どうしても新しいものだとびっくりしてしまうと思います。
ですので、焦らず少しずつまだ未摂取のものをあげていくようにしましょう。

また、同じ味付けなどで飽きてしまうということもあるのでそこも一工夫するようにしてみましょう。同じ味付けでも、入れる食材を少しずつ変えてみるものいいですね♪

 

対策としては大体このくらいになります。

離乳食初期は無理強いしてまで食べさせる必要はありません。
あくまでも、食べる・噛むなどのことに慣れることが目的です。

また、サイクルを作るのも目的とされますが、まずは赤ちゃんの調子に合わせてあげてからこちらのサイクルを覚えさせるようにしましょうね(*´ω`)

まとめ

  1. 嫌がる理由はその子・その時によってさまざま
  2. 対策を試してみよう!

今回の記事はここで以上になります!
最初は赤ちゃんもママもドキドキで不安だらけですよね。

そんな時こそ焦らずゆっくりとやっていきましょう。
その子のその家のペースで大丈夫ですよ。

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

私はもともと高卒貧乏バンドマンでしたが、
月収100万円を達成することができました。

大好きなディズニーにも
いつでも好きなときに行けるようになりました。

平日の空いているときを狙って
友人やパートナーとしょっちゅう行っています。

きっかけは、「起業」という世界に魅了され、
まずは副業からPC1台でビジネスを始めたこと。

今は自動販売機のような仕組みも作ったので
仕事をする時間は1日5分〜10分程度、
いやむしろ、たとえ1日中寝ていたとしても
自動的に毎日収入が生まれるようになりました。

 

起業を教える通信講座なども運営していて、
受講生も次々と自動収益の仕組みを作り
副業月収20万円超えも数多く輩出しています。

最近は、ネットの発達によって、非常に
副業をやりやすい環境が整ってきているので、
1ヶ月目で月収5万円の副収入を
軽々と作ってしまう人も少なくありません。

会社員・専業主婦・大学生、
さらには高校生までも、多くの人が
自由なライフスタイルを確立しています。

 

たまに昔の友人に会ったときには
「絶対ウソだ〜!笑」と言われますが、
事実は事実なので他に言いようがありません。

詳しい話をすれば徐々に信じてもらえますが、
それでも「あなたにはビジネスの才能があって羨ましいなぁ」
と言われて終わりです。

いやいや、私に才能なんて微塵もないんだけど。。

大学受験は滑り止めも全て落ちて
どこにも行けなくて惨めな想いをしたし、

何か知識や資格があったわけでもなければ
ビジネスなんてやったこともないズブの素人。

もちろん特別な人脈なんてありっこないし
起業の軍資金が莫大にあったわけでもない。
むしろ貧乏すぎて借金まみれだったくらいです。

 

そんな私でも、ビジネスに出会い、
少しの間だけ真面目に実践してみたところ
意外とあっさり人生がひっくり返りました。

月収100万円を稼げるようになったことで
心に余裕も生まれたし、自信も持てるようになった。

コンビニで大好きなピノを買うときに
昔のように迷うこともなくなったし、
大抵のものは手に入るようになった。

人生のパートナーと呼べる人とも出会えて
心から笑いあえる楽しい時間も圧倒的に増えた。

 

これらは全部「ビジネスを学んだおかげ」と言えます。

 

正しい知識を得て行動を起こせば
どんな人でも稼ぐことはできます。

こんな何も持っていない普通以下の人間ですら
結果を出すことに成功できたわけなので。

しかも、「ただ稼ぐだけ」ではなく
「多くの人に感謝されながら」稼げる。

 

実際に私のところには毎日のように、

「教えていただいた情報のおかげで
ビジネスで収益を上げることができるようになりました!
本当にありがとうございます!!」

というようなメールがたくさん届きます。

 

昔は、人が喜ぶことなんて正直どうでも良かったけど、
今は収入が増えて心に余裕があるおかげか
そういったメールを読むと自分のことのように嬉しくなります。

なので今は、
昔の私と同じようにお金に悩み苦しんでいる人にとって
少しでも手助けになれれば、という想いで、
こうして情報発信の活動をしています。

 

ちなみに私はメールマガジンも配信していて、
そこでは私が今までに学んできた情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなどを
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

有益なプレゼントもたくさん配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと♪

私自身、楽しみながら書いているので、

「純粋に読み物としても面白い!」

という人もたくさんいらっしゃいます。

 

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。

LP_banner


※秘匿性の高い情報が記載されているため、
「今から30分で2万円を作れる特別マニュアル」のプレゼントは
先着順&期間限定配布となりますので、ご了承ください。
定員に達し次第、予告なくプレゼント配布は終了となります。

関連記事



-子供の食事
-, , , ,