にっこりっか -保育士による子育て情報ブログサイト-

家族みんながいつまでも笑顔でいられますように。そんな願いを込めた「にっこりな一家」という言葉が当サイト名の由来です。

子供の体・健康

赤ちゃんの手足が冷たい!冬に靴下をあまり履かせない理由!?

赤ちゃんの手足が冷たい!?

寒い冬、外に出ると手足が冷えるからと、厚手の靴下や手袋をして温かくされている方が多いですよね。でも赤ちゃんの手足は触ってみると、びっくりするほど冷たいのです。

はじめてのパパとママにとっては、心配ですよね。でも、これには赤ちゃんならではの理由があるのです。

小児科病棟で保育士として勤務している私が、その理由を解説!

スポンサーリンク


どうして赤ちゃんの手足は冷たいの??

赤ちゃんは体温の調節機能が未だ発達していません。

だから、気温が上がったり、下がったりすると、体温も同じように上がったり下がったりします。そして、赤ちゃんは大人よりも皮下脂肪が少なくなっています。

そのため、熱が逃げやすく低体温症になりやすいといわれています。

手足が冷えたら体が余計に冷えて心配。。。

いえ、赤ちゃんは自らの一種の防衛本能として、手足を冷やして体温を調節しているのです。

そこで、あえて手足を冷やすことで、体内の熱を身体の中心に集め、なるべく逃がさないようにしているのです。すごい機能を備えているのですね。

また、末端の毛細血管が収縮し手足の血流が悪くなると、「手足が紫色に見える。」と心配される方もいます。でも、適切な室温の環境であれば、特に心配はないのです。

よく、ミトンなどを使うと言われている方もいらっしゃいます。しかし手足を覆ってしまうと体温調節がうまくできなくなり、冷え性になってしまいます。

手足を布団の中に入れて寝ていた赤ちゃん

私は小児科病棟で保育士として勤務しています。

ある日、お母さんのお買い物の為に見守りに入ろうと訪室すると入院患者の赤ちゃんが病院の掛け布団をきっちり掛けてのベッドの上で寝ていたのです。

「今寝たので、たぶんしばらく起きないと思いま~す。じゃ、見守りお願いしますね。」と言ってお母さんは出かけて行きました。

見るからに暑苦しそうで、手足を動かせそうにない状態でした。これではよく寝るどころか、「すぐに目を覚ましちゃう。」と思いそばにあったお母さん用の軽い掛け布団にそっと変えてあげました。

帰ってきたお母さんに報告すると「いや~。心配になってめっちゃ布団かけました。確かに家ではそんなことしないわ。」と笑っていました。

下でも解説しますが、心配のしすぎも良くないんですね!

寒くても暖めすぎはダメ!

寒い冬こそ風邪をもらわないようにあらゆるアイテムで我が子の手足を温めてしまうもの。
でも、温めすぎると発育の邪魔をしてしまうんです!びっくりですよね。

大丈夫!家の中まで靴下を履かせたりする必要はないですよ。

さてさて、夏の暑い場面を想像してみてください。暑いのにエアコンが効いた常時24~25度の涼しい部屋にいれば、きちんと汗をかくことのできない大人になってしまいますよね。

汗をかく意味は体温を下げること。でも、上手に汗がかけないと。。。なんと!熱中症にかかりやすくなってしまうのです。

 

赤ちゃんの手足が冷たいのは、その寒いバージョンということです。

なので必要以上に温めると寒さに順応できない大人になってしまいます。寒そうで心配な気持ちは分かりますが、ほどほどにすることが一番なのです。

熱があるときの赤ちゃん

熱があるのに赤ちゃんの手足が冷たいときがあります。

それは、まだ熱が上がりきっていない、つまりまだ熱が上がることを意味しています。
特に多いのは急に熱が上がった時などになりやすく、熱が分離しているのです。

つまり、手足の冷たさはこういうときにも大きなバロメーターになってくれるんですね。

最後に

赤ちゃんは手足を上手に使って体温調節をコントロールしようとしています。
ですので、手足が冷たいからと言って簡単に温めることは、逆に発育に悪影響が出ることも考えられます。

大丈夫!赤ちゃんは寒すぎたり暑すぎたりすれば泣いて教えてくれます。

でも、手足だけでなく、ふくらはぎや太もも・腕まで冷たかったら温めるようにしましょう。

もちろんお腹や背中まで冷たいようなら、ますます気をつけましょう。寒い時期は、手足は出しても問題ありませんが、それ以外はしっかり暖かくなるような格好をさせましょう。

赤ちゃんの時の細やかな体温調節で子どもは暑い日も寒い日も自分で調節ができるようになります。それまでは、しっかり温度管理、体調管理に気をつけて子育てライフを楽しんでくださいね。

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

私はもともと高卒貧乏バンドマンでしたが、
月収100万円を達成することができました。

大好きなディズニーにも
いつでも好きなときに行けるようになりました。

平日の空いているときを狙って
友人やパートナーとしょっちゅう行っています。

きっかけは、「起業」という世界に魅了され、
まずは副業からPC1台でビジネスを始めたこと。

今は自動販売機のような仕組みも作ったので
仕事をする時間は1日5分〜10分程度、
いやむしろ、たとえ1日中寝ていたとしても
自動的に毎日収入が生まれるようになりました。

 

起業を教える通信講座なども運営していて、
受講生も次々と自動収益の仕組みを作り
副業月収20万円超えも数多く輩出しています。

最近は、ネットの発達によって、非常に
副業をやりやすい環境が整ってきているので、
1ヶ月目で月収5万円の副収入を
軽々と作ってしまう人も少なくありません。

会社員・専業主婦・大学生、
さらには高校生までも、多くの人が
自由なライフスタイルを確立しています。

 

たまに昔の友人に会ったときには
「絶対ウソだ〜!笑」と言われますが、
事実は事実なので他に言いようがありません。

詳しい話をすれば徐々に信じてもらえますが、
それでも「あなたにはビジネスの才能があって羨ましいなぁ」
と言われて終わりです。

いやいや、私に才能なんて微塵もないんだけど。。

大学受験は滑り止めも全て落ちて
どこにも行けなくて惨めな想いをしたし、

何か知識や資格があったわけでもなければ
ビジネスなんてやったこともないズブの素人。

もちろん特別な人脈なんてありっこないし
起業の軍資金が莫大にあったわけでもない。
むしろ貧乏すぎて借金まみれだったくらいです。

 

そんな私でも、ビジネスに出会い、
少しの間だけ真面目に実践してみたところ
意外とあっさり人生がひっくり返りました。

月収100万円を稼げるようになったことで
心に余裕も生まれたし、自信も持てるようになった。

コンビニで大好きなピノを買うときに
昔のように迷うこともなくなったし、
大抵のものは手に入るようになった。

人生のパートナーと呼べる人とも出会えて
心から笑いあえる楽しい時間も圧倒的に増えた。

 

これらは全部「ビジネスを学んだおかげ」と言えます。

 

正しい知識を得て行動を起こせば
どんな人でも稼ぐことはできます。

こんな何も持っていない普通以下の人間ですら
結果を出すことに成功できたわけなので。

しかも、「ただ稼ぐだけ」ではなく
「多くの人に感謝されながら」稼げる。

 

実際に私のところには毎日のように、

「教えていただいた情報のおかげで
ビジネスで収益を上げることができるようになりました!
本当にありがとうございます!!」

というようなメールがたくさん届きます。

 

昔は、人が喜ぶことなんて正直どうでも良かったけど、
今は収入が増えて心に余裕があるおかげか
そういったメールを読むと自分のことのように嬉しくなります。

なので今は、
昔の私と同じようにお金に悩み苦しんでいる人にとって
少しでも手助けになれれば、という想いで、
こうして情報発信の活動をしています。

 

ちなみに私はメールマガジンも配信していて、
そこでは私が今までに学んできた情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなどを
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

有益なプレゼントもたくさん配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと♪

私自身、楽しみながら書いているので、

「純粋に読み物としても面白い!」

という人もたくさんいらっしゃいます。

 

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。

LP_banner


※秘匿性の高い情報が記載されているため、
「今から30分で2万円を作れる特別マニュアル」のプレゼントは
先着順&期間限定配布となりますので、ご了承ください。
定員に達し次第、予告なくプレゼント配布は終了となります。

関連記事



-子供の体・健康
-, , , ,