にっこりっか -保育士による子育て情報ブログサイト-

家族みんながいつまでも笑顔でいられますように。そんな願いを込めた「にっこりな一家」という言葉が当サイト名の由来です。

子供の体・健康

赤ちゃんの手足が冷たい!冬に靴下をあまり履かせない理由!?

赤ちゃんの手足が冷たい!?

寒い冬、外に出ると手足が冷えるからと、厚手の靴下や手袋をして温かくされている方が多いですよね。でも赤ちゃんの手足は触ってみると、びっくりするほど冷たいのです。

はじめてのパパとママにとっては、心配ですよね。でも、これには赤ちゃんならではの理由があるのです。

小児科病棟で保育士として勤務している私が、その理由を解説!

スポンサーリンク


どうして赤ちゃんの手足は冷たいの??

赤ちゃんは体温の調節機能が未だ発達していません。

だから、気温が上がったり、下がったりすると、体温も同じように上がったり下がったりします。そして、赤ちゃんは大人よりも皮下脂肪が少なくなっています。

そのため、熱が逃げやすく低体温症になりやすいといわれています。

手足が冷えたら体が余計に冷えて心配。。。

いえ、赤ちゃんは自らの一種の防衛本能として、手足を冷やして体温を調節しているのです。

そこで、あえて手足を冷やすことで、体内の熱を身体の中心に集め、なるべく逃がさないようにしているのです。すごい機能を備えているのですね。

また、末端の毛細血管が収縮し手足の血流が悪くなると、「手足が紫色に見える。」と心配される方もいます。でも、適切な室温の環境であれば、特に心配はないのです。

よく、ミトンなどを使うと言われている方もいらっしゃいます。しかし手足を覆ってしまうと体温調節がうまくできなくなり、冷え性になってしまいます。

手足を布団の中に入れて寝ていた赤ちゃん

私は小児科病棟で保育士として勤務しています。

ある日、お母さんのお買い物の為に見守りに入ろうと訪室すると入院患者の赤ちゃんが病院の掛け布団をきっちり掛けてのベッドの上で寝ていたのです。

「今寝たので、たぶんしばらく起きないと思いま~す。じゃ、見守りお願いしますね。」と言ってお母さんは出かけて行きました。

見るからに暑苦しそうで、手足を動かせそうにない状態でした。これではよく寝るどころか、「すぐに目を覚ましちゃう。」と思いそばにあったお母さん用の軽い掛け布団にそっと変えてあげました。

帰ってきたお母さんに報告すると「いや~。心配になってめっちゃ布団かけました。確かに家ではそんなことしないわ。」と笑っていました。

下でも解説しますが、心配のしすぎも良くないんですね!

寒くても暖めすぎはダメ!

寒い冬こそ風邪をもらわないようにあらゆるアイテムで我が子の手足を温めてしまうもの。
でも、温めすぎると発育の邪魔をしてしまうんです!びっくりですよね。

大丈夫!家の中まで靴下を履かせたりする必要はないですよ。

さてさて、夏の暑い場面を想像してみてください。暑いのにエアコンが効いた常時24~25度の涼しい部屋にいれば、きちんと汗をかくことのできない大人になってしまいますよね。

汗をかく意味は体温を下げること。でも、上手に汗がかけないと。。。なんと!熱中症にかかりやすくなってしまうのです。

 

赤ちゃんの手足が冷たいのは、その寒いバージョンということです。

なので必要以上に温めると寒さに順応できない大人になってしまいます。寒そうで心配な気持ちは分かりますが、ほどほどにすることが一番なのです。

熱があるときの赤ちゃん

熱があるのに赤ちゃんの手足が冷たいときがあります。

それは、まだ熱が上がりきっていない、つまりまだ熱が上がることを意味しています。
特に多いのは急に熱が上がった時などになりやすく、熱が分離しているのです。

つまり、手足の冷たさはこういうときにも大きなバロメーターになってくれるんですね。

最後に

赤ちゃんは手足を上手に使って体温調節をコントロールしようとしています。
ですので、手足が冷たいからと言って簡単に温めることは、逆に発育に悪影響が出ることも考えられます。

大丈夫!赤ちゃんは寒すぎたり暑すぎたりすれば泣いて教えてくれます。

でも、手足だけでなく、ふくらはぎや太もも・腕まで冷たかったら温めるようにしましょう。

もちろんお腹や背中まで冷たいようなら、ますます気をつけましょう。寒い時期は、手足は出しても問題ありませんが、それ以外はしっかり暖かくなるような格好をさせましょう。

赤ちゃんの時の細やかな体温調節で子どもは暑い日も寒い日も自分で調節ができるようになります。それまでは、しっかり温度管理、体調管理に気をつけて子育てライフを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

関連記事



-子供の体・健康
-, , , ,