にっこりっか -保育士による子育て情報ブログサイト-

家族みんながいつまでも笑顔でいられますように。そんな願いを込めた「にっこりな一家」という言葉が当サイト名の由来です。

ディズニーシー ディズニーランド

パパママ必見!ディズニーで子供が怖がるときの対策と絶対タブーな注意点は?

夢いっぱいのディズニーリゾート。

かわいいキャラクターや楽しいアトラクションが沢山ありますが、子供にとっては恐怖を感じてしまう場面も実はあるんです。

どんなアトラクションで怖がるのか、怖がるときの対策と注意点について調べてみたので参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク


ディズニーだって怖いものは怖い

photo by ameblo.jp/butyaraty1031/

大人も子供も同じように恐怖を感じるポイントは人それぞれ違いますよね。大人なら我慢できることでも、子供の場合、泣いてしまったり、時には暴れてしまうことも。

しかも、恐怖がトラウマとなって記憶に残ってしまい、以後そのアトラクションは絶対に拒否、なんてこともあるんです。せっかくの楽しいディズニーなので、出来るだけ怖がらないように楽しく過ごしたいですよね。

ディズニーランドのビッグサンダーマウンテンやスペースマウンテンなどのコースターや、ディズニーシーのタワー・オブ・テラーなどのいわゆる絶叫系アトラクションは言うまでもなく怖がることもがほとんどです。

今回はそれ以外で怖いっ!という声が多かったアトラクションを紹介していきます!

こんなアトラクションが怖いっ!!

白雪姫と七人のこびと

photo by disney555.seesaa.net

白雪姫と七人のこびとといえば絵本でも読んだことがある人も多いと思います。

かわいい小人たちと白雪姫に釣られてこのアトラクションに乗ってしまって怖がる子続出なんです!!ディズニーランドでもトップクラスで怖いとも言われるこのアトラクション。

とにかく、最初から最後まで雰囲気が暗くて怖いんです。魔女やガイコツが登場したり何と言ってもこのアトラクション、東京ディズニーランドが開園した当初から稼動しているので、なんとなくレトロな雰囲気がさらに恐怖をアップさせるんです…。

子供のみならず、大人も恐怖を感じてしまうアトラクションなので怖がりな大人の方も要注意です!!

カリブの海賊

photo by blog.jami-ru.com

東京ディズニーランドにあるカリブの海賊。

このアトラクションも全体を通して暗い中をボートに乗って進んで行きます。途中少しだけボートが降下するところもあり、ただでさえ暗くて怖いのに驚きも混ざって思わず泣いてしまう子も!?

特にかわいいキャラクターが登場するでもなく、人形も不気味な感じ。ガイコツなんかも登場したり、大砲がどーんっ!どーんっ!と大きな音を立てて打ち合ったり、子供にとっては怖い要素しかないこのアトラクション。

でも、ジャックスパロウ船長なんかも登場するので、大人はちょっと興味をそそるアトラクションとなっていますよ。映画『パイレーツオブカリビアン』を見ておくとより世界観を楽しめます!

ホーンテッドマンション

photo by blog.jami-ru.com

東京ディズニーランドにあるホーンテッドマンション。これはもうお馴染ですねっ!!

アトラクションの外観からして不気味なこのアトラクション。お化け屋敷なので怖がって当然ですっ!!

999人の亡霊がすんでいる屋敷が舞台となっているこのアトラクション。真っ暗の中をライドに乗って進むと、様々な怪奇現象やゴーストたちの舞踏会など、子供にとってはめちゃくちゃ怖い演出ばかりです。

個人的にはライドに乗る前のプレショーで伸びていく不気味な絵と、アトラクション途中に出てくる水晶の女性が恐怖ポイントです。

わが子たちもこのアトラクションが大嫌いで、なかなか一緒に乗ってもらません…。

海底2万マイル

photo by xn--dck3bubs9v497zvwxa.net

ディズニーシーにある海底2万マイル。

このアトラクションも基本的には暗い中を探索していくような感じです。海底を探索するという設定なので、ホラー的な要素はないのですが、巨大なイカに襲われて潜水艦が沈んでしまうんじゃないかという不安感もあるので怖く感じる子供も多いようです。

あまり広くない潜水艦に乗って探索に出かけるアトラクションなので、閉所恐怖症の方などは子供とは違った意味で恐怖かもしれません。

怖がるときの対策

photo by www.kosodatedou.com

子供が怖がるときの対策としては、とにかく安心させてあげることが大切です。

といっても、アトラクションの最中には座席から抱き上げたりする行為は禁止されているものがほとんどなので、ルールを守りつつ、肩を組むような感じで抱きしめてあげながら、耳元で「大丈夫だよ~、ママ(パパ)が一緒だから平気だよ~」なんて声をかけてあげます。

とはいえ、怖いものは怖いので、最初から怖がりそうなアトラクションを避けてあげるのがベストなので事前にリサーチすると良いですよ!

注意点は?

都市伝説まとめ.biz

子供がアトラクションの途中で怖がってしまったときの注意点としては、とにかくパニックで立ち上がったりしないようにフォローしてあげて下さい。

アトラクションの最中で立ち上がったり、抱き上げたりするとその場でアトラクションがストップしてしまうことがあります。こうなると、他のゲストの方の迷惑にもなってしまうので、とにかく最後まで何とかして席に座っててもらうようにしましょう。

行列に並んでいる最中に怖さで泣き出してしまった場合は、無理せずに途中で諦める勇気も大切です。せっかく長い時間並んだのに~!!という気持ちもとてもよくわかりますが、子供の怖いという気持ちに寄り添ってあげることも必要なのではないでしょうか?

まとめ

photo by www.kosodatedou.com

いかがでしたでしょうか?

子供が怖がるアトラクションの共通点としては「暗い」ということです。わが子の場合、アトラクション以外でも、ディズニーシーのプロメテウス火山の中を通るトンネルなども暗いし火山のゴゴゴーっという音も鳴ってこともあり恐怖ポイントになっています。

親の気持ちとしては、せっかくきたんだから色々なアトラクションを楽しみたいっ!と思ってしまうのですが、無理強いしてしまうと、子供にとっては嫌な思い出になってしまうこともあるので、事前にリサーチして出来るだけ怖そうな場所は避けてあげるなど対策してあげるとよいですね。

スポンサーリンク

関連記事



-ディズニーシー, ディズニーランド
-, , , ,