にっこりっか -保育士による子育て情報ブログサイト-

家族みんながいつまでも笑顔でいられますように。そんな願いを込めた「にっこりな一家」という言葉が当サイト名の由来です。

ディズニーリゾート

ディズニーのパークを貸切した人は?人数って?値段はいくらかかるの??

いつでも私たちを幸せに、満ち足りた世界へと誘ってくれる東京ディズニーリゾートのパーク。
毎日行きたい!!楽しみたい!と思う方も多いのでは??
もちろん私もその一人です♪

4月15日には東京ディズニーランドのアニバーサリーイヤーもスタートし、ますます活気の溢れるディズニーリゾート。

しかしその人気ゆえ、近年は今まで以上に、混み方が尋常じゃないっ・・・。

今年度からはディズニーリゾートの年間パスポート使用者の方に、土日を中心にいくつかの使用不可日が設けられ、入場制限がかかった際には入場が不可能へと変更されてしまいました。(まぁ値段は下がったわけですが・・・)

そんな人々の夢、またそうではない人々も、誰しも一度は夢見たことがあるであろう、「ディズニーリゾートを貸し切る」ということ。誰もが知る有名な、アノ人が貸し切った際には一大ニュースとなりました!

ここでは過去貸切にした人や、貸切にするために必要な人数、そして値段まで!徹底的にご紹介してしまいます!

スポンサーリンク


今までにディズニーを貸切にした人なんているの??

きっと一度は夢に見たことがあるであろう、ディズニーの貸切。あの大勢の人々がいなく、快適にパーク内を歩けたらどんなに最高か・・・

でもやっぱりそんなことは夢のまた夢ですよね(^^;

個人で貸切にしちゃった人!!

今までに貸切にした人っているのでしょうか・・・?
はいっ、おります!!

かの有名なキング・オブ・ポップこと
マイケルジャクソン

です!!

現在はスティッチエンカウンターが出来ているトゥモローランドの場所、以前はミクロアドベンチャーがあり、そこで「キャプテンEO」という、マイケルジャクソンを題材としたプログラムが展開されておりました。

このプログラムが開始された1987年9月29日に彼が来園するということが決定したのです!!

パーク内で一人の人間についてのプログラムを上演させてしまうほどの人気絶頂期の彼、当然ながら普通に来園したのではミッキーも真っ青になるほどの大混乱が予想されますよね。

そのためオリエンタルランドは夕方以降、パークを貸切にして彼を迎え入れるという英断をしたのです。

パークの平穏が保たれてよかったですが、さすがはトップスターですよね(^◇^;)

団体で貸し切った人たち!その人数は・・・?

上記のトップスターのように個人貸切は言うまでもなくすごいですが、団体貸切ももちろんすごい!

プライベートで団体で貸し切った団体では、
慶應義塾大学

の名が上がります。

2008年4月23日、創立150周年と言う節目を迎えた慶應義塾大学が、創立記念日であるこの日に貸切を行なったそうです。

その人数は、卒業生やその他の大学関係者も含めなんと2万人以上で!とのことでした。

なかなか実現することが難しそうなこの企画を実行してしまった慶應義塾大学はやはり偉大ですね・・・

ディズニーのパークを貸し切りすることって可能なの??

1トピックでは思わず声を上げてしまうような、やや浮世離れしたお話が続きました。

こんなにすごい話が出来てしまうディズニーのパークの貸切。その制度ってあるの??一般人でも具体的に夢見ること可能なの??

実はこれ、相当にハードルは高いですが、不可能とまでは言えない可能性があるんです!!
(微妙な言い回しスミマセン・・・)

貸切制度

年パスを持っている人が多く、毎日ディズニーパークに関するブログを更新している方も何人もいるということは、貸切は稀なケース。

その都度条件等交渉して決めているのかな??と私は思っていましたが、そこにはちゃんとレギュレーションが実在しました。

上記の画像はディズニーのパークの貸切レギュレーションです。

「プライベート・イブニング・パーティー」という企画があり、通常営業のパークを、19:30以降完全に貸切にすることができるというものです。

こちらは現在公式HPの方にも公開はされておらず、対象日程が上がる際に更新されるものだと考えられます。

対象日

上の画像にも記載はありますが、日程が1月と2月の通常営業日ということです。

基本的にこの期間はディズニーのパークは、お正月のイベント、バレンタインデーに向けたイベントの2つの、ディズニーの中ではかなり小規模なイベントの他は刊行するものが特にないため、この日程が設定されていると思われます。

イベントの刊行が少ない時期を狙って都度確認すると、更新される可能性が高そうです!

人数

ハードルが最も高そうなポイントがここ、人数です!!

最低人数はなんと驚きの4000人・・・

慶應義塾大学の集めた人数に比べれば役5分の1の人数ではありますが、プライベートで貸し切ることを考えるとなかなか実現が難しそうな人数ですよね・・・

ちなみに、この画像には記載されてはおりませんが、相談によっては1日中パークを貸し切ることも可能な日程が存在し、その際にはなんと最低でも8000人が必要だそうです・・・

通常のパークでは、両パーク合わせて約8万人のゲストが毎日来園しているとのことで、十分にゆったりと楽しめる人数であることは明白。

私もプライベート利用なんてとっても憧れますが、人脈作りを一生懸命頑張って、死ぬ間際に私の生涯に関わってくれた人パーティーで貸し切れたら御の字レベルかな・・・というところです(泣)

金額

夢の国に関してこの言葉を言うのは少々ナンセンスな気はしますが、避けては通れないのが金額の話。

通常のパークチケットが7,400円であることを考えれば、19:30〜22:30の3時間で6,700円と考えると、チケット代高いなぁ・・・と言う印象を受けてしまう倹約志向な私です・・・笑

経験はお金に変えられない!!と思うので、いざお話をいただく機会があれば間違いなく参加してしまうと思いますが・・・

一人当たりのチケット代金が6,700円、最低人数が4,000人ということは、

最低でも2680万円!!

必要ということになります。こちらはあくまで、「パークを貸し切りにする」ということだけを実行する際に必要な経費なため、ミッキーミニーにお目にかかることはできません。

ミッキーミニーに会うためにはさらにオプション料金が必要になってきます。

これぞまさしく夢の国。笑

何とか「貸切」という行為が出来ないものか・・・

上記のように、パークの貸切には非常に多くの難関がある、ということを知っていただけたかと思います。

それでも何としてでも「貸切」ということを、ディズニーのパーク内で行い、とびきり特別な日を演出したい!!という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方々にオススメなことが、パークの一部を一定時間貸し切る、ということ。

ディズニーランド、ディズニーシー共に、パーク内のショーベースやレストランといった一部を貸し切って企業や団体用のセレモニーを行うことが可能となる制度も実在します!

パーク全体を貸し切るよりも人数や金額等、条件面はかなり現実味のあるものです。

 

詳しくは下記URLからチェックしてみてくださいね♪

こんな素敵なセレモニーを行ってくださる会社があれば一生勤めたくなってしまうレベルですね!!
来年の入社式などにいかがですか、企業のトップ様?笑

http://www.tokyodisneyresort.jp/treasure/fantasy/party/party_index.html

(東京ディズニーリゾートの企業・団体プログラム公式HP)

まとめ

いかがでしたか?

記事を書きながら改めて、ディズニーを貸し切るということは尊い夢だなぁと私自身痛感したしました。

クラウドファウンディングで募ってみたり、友達の友達、そのまた友達・・・と長いスパンで見て実現のために動くこともまた「夢」があって面白そう!とは思いましたが。

いずれにしても、ディズニーよ、いつも夢をありがとう!笑

日本のディズニーリゾートではありませんが、パリのディズニーリゾートではサウジアラビアのファハド王子が3日に渡ってパークを貸し切ったなんて夢のような話がありました。

どなたか記事を見てくださった方で貸し切り検討している方いらっしゃったらぜひコメントくださいね!笑

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

私はもともと高卒貧乏バンドマンでしたが、
月収100万円を達成することができました。大好きなディズニーにも
いつでも好きなときに行けるようになりました。

平日の空いているときを狙って
友人やパートナーとしょっちゅう行っています。

きっかけは、「起業」という世界に魅了され、
まずは副業からPC1台でビジネスを始めたこと。

今は自動販売機のような仕組みも作ったので
仕事をする時間は1日5分〜10分程度、
いやむしろ、たとえ1日中寝ていたとしても
自動的に毎日収入が生まれるようになりました。

 

起業を教える通信講座なども運営していて、
受講生も次々と自動収益の仕組みを作り
副業月収20万円超えも数多く輩出しています。

最近は、ネットの発達によって、非常に
副業をやりやすい環境が整ってきているので、
1ヶ月目で月収5万円の副収入を
軽々と作ってしまう人も少なくありません。

会社員・専業主婦・大学生、
さらには高校生までも、多くの人が
自由なライフスタイルを確立しています。

 

たまに昔の友人に会ったときには
「絶対ウソだ〜!笑」と言われますが、
事実は事実なので他に言いようがありません。

詳しい話をすれば徐々に信じてもらえますが、
それでも「あなたにはビジネスの才能があって羨ましいなぁ」
と言われて終わりです。

いやいや、私に才能なんて微塵もないんだけど。。

大学受験は滑り止めも全て落ちて
どこにも行けなくて惨めな想いをしたし、

何か知識や資格があったわけでもなければ
ビジネスなんてやったこともないズブの素人。

もちろん特別な人脈なんてありっこないし
起業の軍資金が莫大にあったわけでもない。
むしろ貧乏すぎて借金まみれだったくらいです。

 

そんな私でも、ビジネスに出会い、
少しの間だけ真面目に実践してみたところ
意外とあっさり人生がひっくり返りました。

月収100万円を稼げるようになったことで
心に余裕も生まれたし、自信も持てるようになった。

コンビニで大好きなピノを買うときに
昔のように迷うこともなくなったし、
大抵のものは手に入るようになった。

人生のパートナーと呼べる人とも出会えて
心から笑いあえる楽しい時間も圧倒的に増えた。

 

これらは全部「ビジネスを学んだおかげ」と言えます。

 

正しい知識を得て行動を起こせば
どんな人でも稼ぐことはできます。

こんな何も持っていない普通以下の人間ですら
結果を出すことに成功できたわけなので。

しかも、「ただ稼ぐだけ」ではなく
「多くの人に感謝されながら」稼げる。

 

実際に私のところには毎日のように、

「教えていただいた情報のおかげで
ビジネスで収益を上げることができるようになりました!
本当にありがとうございます!!」

というようなメールがたくさん届きます。

 

昔は、人が喜ぶことなんて正直どうでも良かったけど、
今は収入が増えて心に余裕があるおかげか
そういったメールを読むと自分のことのように嬉しくなります。

なので今は、
昔の私と同じようにお金に悩み苦しんでいる人にとって
少しでも手助けになれれば、という想いで、
こうして情報発信の活動をしています。

 

ちなみに私はメールマガジンも配信していて、
そこでは私が今までに学んできた情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなどを
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

有益なプレゼントもたくさん配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと♪

私自身、楽しみながら書いているので、

「純粋に読み物としても面白い!」

という人もたくさんいらっしゃいます。

 

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。

LP_banner

>詳細はこちら

※秘匿性の高い情報が記載されているため、
「今から30分で2万円を作れる特別マニュアル」のプレゼントは
先着順&期間限定配布となりますので、ご了承ください。
定員に達し次第、予告なくプレゼント配布は終了となります。

関連記事



-ディズニーリゾート
-, , , ,