にっこりっか -保育士による子育て情報ブログサイト-

家族みんながいつまでも笑顔でいられますように。そんな願いを込めた「にっこりな一家」という言葉が当サイト名の由来です。

ディズニーランド

ホーンテッドマンションの怖すぎる秘密と楽しみ方を発見できる5つのポイント

2016/11/03

ホーンテッドマンションといえば、ディズニーランドでは唯一のホラーアトラクション。一般的にお化け屋敷といえば本物に遭遇するとかしないとかいう都市伝説がつきもの。

実は、ホーンテッドマンションにも嘘か誠か怖すぎる秘密があるんです…。今回はそんな怖すぎる秘密や、楽しみが増えること間違いなしの5つのポイントをご紹介していきます。

スポンサーリンク


ホーンテッドマンションの魅力

photo by blogs.yahoo.co.jp/huyusannma0511/

photo by blogs.yahoo.co.jp/huyusannma0511/

ホーンテッドマンションの魅力といえば、やっぱり恐怖を体験できること!

さすがディズニーランドといえる細部までこだわって作られた仕掛けによって世界観に入り込むことができます。

建物や装飾品ひとつひとつにまでこだわりが反映され、本当に西洋のゴーストハウスにいるんじゃないか、と思ってしまうほどです。

また、アトラクションの最初にでてくる伸びる絵画や、後半に出てくるダンスパーティーのシーンなど、恐怖だけでなく、不思議なトリックを感じさせる演出も魅力の一つです。

怖すぎる4つの秘密

ピノキオを持った男の子

photo by blog.goo.ne.jp/benten439

photo by blog.goo.ne.jp/benten439

乗ってすぐにあるゴーストライターがいるという本棚の後に出てくる長い長い廊下。ここにピノキオを持った男の子が見えるらしいです。もちろん、そんな演出はありません…。

パーティー会場に…

photo by blog.jami-ru.com

photo by blog.jami-ru.com

アトラクションの後半に、亡霊たちがダンスパーティーをしている会場があります。一人ずつよーく見てみると、あの場にそぐわない「おかっぱの女の子」が表情ひとつ変えずにこちらをじーっと見ているそうです。

窓に映る人影

photo by cafewalt.blog.fc2.com

photo by cafewalt.blog.fc2.com

外で並んでいるときに見える窓に、「女性が現れる」という目撃情報が多数上がっているそうです。多くのゲストが目撃しているそうですが、しばらくして窓を見ると女の人の姿が無くなっているんですって。

実はこれ、幽霊ではなく、窓の裏側がクリッターカントリーにあるレストラン「グランマ・サラのキッチン」なんです。知らない人が多いので本物のお化けと思う人が沢山いるようですよ。

霊の仕業でライドが止まる!?

ホーンテッドマンションに乗っていると時々ライドが止まってしまうことがあります。

じつはこれ、亡霊の仕業なんですって。実際にライドが止まったときには「いたずら好きの亡霊が暴れだしたらしい。すぐに動くようにするから諸君はしばらくそのままで待っているように」とアナウンスされるんですよ。

より楽しめる5つのポイント

1.こだわりのライド

ホーンテッドマンションは「トゥームバギー」と呼ばれるライドに乗ってアトラクションを楽しみます。このトゥームバギーにはよりホーンテッドマンションの世界に入り込めるような工夫がされているんですよ。

後ろから覆い隠すような、乗ってみると包み込まれるような形状をしています。これは、あえて視界をさえぎって前方にだけ集中させるためなんだそうですよ。

死角が増えることでゲストに孤独感をあえて持ってもらうことでより恐怖を感じることができるんですね。

2.ファストパス発券機が墓石

なんとなーくファストパスを発券していると気付かないで終わってしまうと思いますが、実はよく見ると発券機が墓石になっているんです。

さらに、発券機の上に花瓶のような、トロフィーのようなものが乗っているのですが、これ実は骨壷なんです。

墓石といえば、ホーンテッドマンションの出口を出てすぐ、左側に墓石が並んでいる壁があるんです。ひとつひとつに名前が刻まれていますが、この名前、それぞれに意味があるんですよ!

例えば「Ray N Carnation」=「再生、生まれ変わり」「Rustin Peese」=安らかに眠れ、といった感じです。全部で20の名前が刻まれているので、興味がある方は調べてみてはいかが?

3.不気味な待ち時間

photo by sea.tea-nifty.com

photo by sea.tea-nifty.com

通常、アトラクションの待ち時間は5分間隔で表示されますよね。でも、ホーンテッドマンションは違うんです!

ここだけ、4分9分、そして13分と中途半端な時間で表示されるんですよ。

この数字は「忌み数」と呼ばれるもので、不吉を連想させる数字なんですね。

ホーンテッドマンションのコンセプトは、不気味な洋館に住む999人の幽霊達が、1,000人目の幽霊としてあなたを迎えるといったもの。不気味な数字を使う意味がなんとなく分かりますよね。

4.キャストに注目!

photo by matome.naver.jp

photo by matome.naver.jp

ディズニーランドのキャストさんって、みんなニコニコ笑顔で明るいですよね。

でも、ホーンテッドマンションのキャストは違います!あまり笑いません。みんなテンション低めです。もちろんこれはわざとです!

これから恐怖を体験しに行くのにふさわしい演出ですよね!

そして、ユニフォームにも注目です。ゴシック調の上品なユニフォームはゲストの間では人気が高いそうで、写真撮影を求める方も多いらしいですよ~。

5.限定バージョンなら怖がりさんにもおすすめ♪

photo by ure.pia.co.jp

photo by ure.pia.co.jp

ハロウィンからクリスマスにかけてホーンテッドマンションはスペシャルバージョンになります!

映画「ティム・バートンのナイトメアー・ビフォア・クリスマス」をテーマに、普段のホーンテッドマンションでは登場しないナイトメアーの仲間達が登場しちゃいます♪

いつもは不気味なホーンテッドマンションも、ナイトメアーの仲間達によって少しだけ楽しい雰囲気になっています。怖いのが苦手な方でも、ホーンテッドマンションに挑戦するチャンスですよ!

さあ!真実は自分の目で確かめよう!

いかがでしたか?

細部までこだわりのポイントが詰まっているホーンテッドマンション。ご紹介した秘密はぜひ自分の目で確かめてきてくださいね!

無事に戻ってこれるかはわかりませんが……

スポンサーリンク

関連記事



-ディズニーランド
-, ,