にっこりっか -保育士による子育て情報ブログサイト-

家族みんながいつまでも笑顔でいられますように。そんな願いを込めた「にっこりな一家」という言葉が当サイト名の由来です。

ディズニーシー

知らなきゃ大変!子連れでも楽しめるディズニーシーの効率的な回り方は?

2016/11/03

ディズニーシーといえば、大人向けという印象、ありませんか?
お酒は飲めるし、海が舞台ですからなんといってもロマンチック♪

だからこそ大人も子供も思い切り楽しんじゃいましょう!!

スポンサーリンク


子連れでディズニーシーを回るための基本情報

kihondesney

子連れで効率的に回るには、なんといっても下調べが大切!

どんなルートで回るのかはもちろん、トイレの場所や赤ちゃん連れなら授乳室の場所も知っておくと便利ですね。

 

ということで、子連れならではの知っておくべき基本情報をご紹介しましょう。

ベビーセンターと授乳室の場所

photo by babyrest.blog55.fc2.com

photo by babyrest.blog55.fc2.com

ディズニーシーにはベビーセンターが1箇所しかありません。

場所はメディテレーニアンハーバーのホテルミラコスタ入り口横です。

ベビーセンターでできること

  • おむつ交換
  • 授乳やお食事、ミルク用のお湯の提供
  • ベビー用品(紙おむつ、ベビーフード、ベビーカー用レインカバー)の販売

意外と紙おむつとかって足りなくなっちゃう時ってあるんですよね。

そして、赤ちゃん連れには大切な場所である「授乳室」
実はベビーセンター以外にもう1箇所あるんです。

タワーオブテラー横のトイレの中に授乳できる個室が2つほどあります!!

photo by www4.plala.or.jp/rieko/

photo by www4.plala.or.jp/rieko/

ただ、こちらはミルク用のお湯は置いてないので要注意です!

ベビーカーは持参、もしくはレンタル!

子連れだと荷物が多くなりますよね。
そんな時にあると便利なのが「ベビーカー」。

私はいつも持参しますが、とっくにベビーカーを卒業した子供も、パークでは疲れたと言ってベビーカーに乗ることもしばしば。

ベビーカーの制限と料金

  • レンタルできるベビーカーは「身長100cm以下かつ体重15kgまで」
  • レンタル料金は1日1,000円(再入園時にも利用可)

エントランスにレンタルできる窓口がありますよ♪

効率的に回れるモデルコース

cource

  1. トイ・ストーリー・マニアのファストパスを取る
  2. タートルトークに入る
  3. ケープコット方面を通りながらアクアトピアまでお散歩
  4. アクアトピアに乗る
  5. ポートディスカバリー駅からエレクトリックレールウェイに乗る
  6. トイストーリーマニアのファストパスの時間?
  7. アラビアンコーストへ
  8. シンドバッドストーリーブック、ジャスミンのフライングカーペット、キャラバンカルーセルなどを楽しむ。
  9. マーメイドラグーンを楽しむ
  10. メディテレーニアハーバーでゴンドラに乗る

かなりざっくりですが…(汗)

 

一押しゾーンはアラビアンコースト!

このゾーン、パークが大混雑の時でも比較的空いています!!

特にシンドバッドとキャラバンカルーセルは、混んでいても10分前後の待ち時間。
どんなアトラクションなのか紹介しますね。

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ

photo by pic.prepics-cdn.com

photo by pic.prepics-cdn.com

船乗りシンドバッドと子トラのチャンドゥと一緒に航海に出る物語。

ディズニー映画やミュージカルの作曲家であるアラン・メンケンが作曲した「コンパス・オブ・ユア・ハート」がこのアトラクションの最大の魅力!!

壮大で親しみやすい曲調なのでつい一緒に歌ってしまいます♪

ボートに乗って楽しむアトラクションなので、赤ちゃんから安心して楽しめますよ。

キャラバンカルーセル

photo by pic.prepics-cdn.com

photo by pic.prepics-cdn.com

2階建てのメリーゴーランドです♪
魔法使いジーニーに乗れるのはディズニーシーだけ!!

小さな子供はママやパパと一緒に乗ることもできますよ。

移動に使える乗り物

ディズニーシーは、坂道や階段、ぐるっと回るようなコースが多かったりします。

大人でもちょっと疲れてしまうので、乗り物をうまく使って少しでも楽しましょう♪

エレクトリックレールウェイ

photo by pic.prepics-cdn.com

photo by pic.prepics-cdn.com

アメリカンウォーターフロントとポートディスカバリーを結ぶ電車です。
ベビーカーに乗ったままでも乗車できます。

トランジットスチーマーライン

photo by www.ne.jp/asahi/web/oki/

photo by www.ne.jp/asahi/web/oki/

ディズニーシーをそれぞれ結んでいる蒸気船です。
乗り場は3箇所で、それぞれコースが違います。

メディテレーニアハーバー⇔ロストリバーデルタ

それぞれの乗り場を出航したら、時計回りで園内の水路を進みます。

 

アメリカンウォーターフロント

こちらはディズニーシーを一周するコースなので移動手段として使えません。

でも、景色を存分に楽しむことができるので、休憩ついでに利用するのもおすすめ。

 

アメリカンウォーターフロント⇔ロストリバーデルタ(臨時便)

こちらは不定期で運行するので、パークのキャストさんに確認してみてくださいね。

ただ、トランジットスチーマーラインはハーバーショーの前後に運休になるので要注意!!

 

まとめ

kodurematome

子連れで効率よくパークを回るには、事前の計画立てが大切!!

  • 荷物の準備
  • ざっくりとモデルコースを決めておきましょう
  • ベビーセンターや授乳場所を確認
  • 移動は乗り物をうまく活用しよう!

家族みんなでわいわい計画をたてるのも楽しみのひとつ。

ただし、パークは混雑することが多いので、計画はあくまでも計画として、
余裕をもってパークの雰囲気を楽しみましょう♪

スポンサーリンク

関連記事



-ディズニーシー
-,