にっこりっか -保育士による子育て情報ブログサイト-

家族みんながいつまでも笑顔でいられますように。そんな願いを込めた「にっこりな一家」という言葉が当サイト名の由来です。

ディズニーシー

ディズニーシーへ行くのが雨の日…攻略と楽しみ方は?おすすめな4つの方法

2018/03/28

ずっと待ち焦がれていたディズニーシーへ行く日!
でも予報は雨の予報…。

そんな時でも落ち込まないで!

ディズニーシーは雨の日でも楽しめます!

今回はそんな雨のディズニーシーの楽しみ方や攻略をお教えします。

スポンサーリンク


王道?マーメイドラグーン

photo by ディズニー公式サイト

絶対に濡れたくない人は屋内施設「マーメイドラグーン」がおすすめです。

ここには「キングトリトンのコンサート」が観れる「マーメイドラグーンシアター」や、「ワールプール」など様々なアトラクションがあります。

マーメイドラグーンシアターは約700人を収容できるし、他のアトラクションも1時間以上待つことはほぼないでしょう。

ただやはり雨の日のマーメイドラグーンはとても混みます。
マーメイドラグーンは通路が狭いところがありますので、注意してくださいね。

屋内のアトラクションは多い

もちろん外で気持ちよく乗るアトラクションが目立ちますが、ディズニーシーには屋内で濡れずに楽しめるアトラクションが意外と多いです。

ディズニー公式サイトでも「雨の日でも安心」というジャンルを作るくらいです。

なかでも私がおすすめしたいのは「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」「タートルトーク」です。

photo by ディズニー公式サイト

「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」はディズニーランドの「イッツア・スモールワールド」に似ていて、ボートに乗って進むアトラクションです。

とても待ち時間が短く乗れるのでファンの間では有名で、20分以上待ち時間が長くなると

「今日どうしたの?」

と言われるほどです。

「タートルトーク」は「ファインティング・ニモ」に出てくるウミガメ・クラッシュとお話ができるシアタータイプのアトラクションです。

クラッシュに質問もできて、とても面白いですよ。

笑って雨の憂鬱を吹っ飛ばしましょう!

グリーティング中心に周る

ディズニーシーではグリーティング施設がたくさんあります。

入ってすぐのプラザでは、ミッキーまたはミニーと写真がとれますが、悪天候の時は運営を中止してしまいます。
しかしミッキー達に会えるのはここだけではありません。

photo by ディズニー公式サイト

ロストリバーデルタにある「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」では、ミッキー、ミニー、グーフィーに会えます。

スタンバイ中は雨の中並ぶことになりますが、グリーティングの場には屋根がありますので、グリーティングに集中できます。
荷物も事前に置けるから「傘が邪魔だった!」なんてことにもなりません。

また少し離れたところには「サルードス・アミーゴス!グリーティングドック」というドナルドのグリーティング施設があります。

ロストリバーデルタはパーク出入口から少し離れていますので、移動は「ディズニーシー・トランジットスチーマーライン」か「エレクトリックレールウェイ」を利用するといいでしょう。

photo by ディズニー公式サイト

また「ディズニーシーでダッフィーに会いたい!」と思う方も多いでしょうが、アメリカンウォーターブロントで雨の日でも会えますよ。
「ヴィレッジ・グリーティングプレイス」という名前で、こちらもちゃんと屋根がありますから安心です。

開き直って濡れるのも?

photo by ディズニー公式サイト

実は雨の日にちょくちょく見かけるのですが、思い切って濡れてしまうのもありかもしれません。

とは言え風邪を引くかもしれませんので、レインコートを着たり、遊び終わったら乾かしたりするのをお忘れなく!

「ヴェネツィアン・ゴンドラ」では傘はNGですが、レインコートの着用はOKです。

またポートディスカバリーにある「アクアトピア」では、夏になると「ずぶ濡れバージョン」になります。

名前の通り「ずぶ濡れ」になります。
私も一度乗ってみたのですが、想像以上に濡れますので、手荷物などにご注意ください。

まとめ

あすすめなディズニーシーの周り方は

  1. マーメイドラグーンへ行く
  2. 屋内のアトラクションに乗る
  3. グリーティングする
  4. 思い切って濡れる

です。

ぜひ雨の日のディズニーシーを楽しんでください。

スポンサーリンク

関連記事



-ディズニーシー
-, , ,