にっこりっか -保育士による子育て情報ブログサイト-

家族みんながいつまでも笑顔でいられますように。そんな願いを込めた「にっこりな一家」という言葉が当サイト名の由来です。

ディズニーリゾート

ディズニーパートナーホテルエミオン東京ベイとは?周辺で観光出来る?

ディズニーリゾートに遊びに行く時は、日帰りではなく宿泊して楽しむ人は沢山いると思います。

私は、ディズニーリゾートから車で1時間の場所に住んでいますが、ディズニーリゾートに遊びに行く時は、必ず周辺ホテルに宿泊しています。

ディズニーリゾートのホテルはリゾート地としてオシャレで、ただのホテルとは違い遊び心が満載で素敵ですよね。

パークから帰って来ても、夢に続きが見られる!
私は、その感覚が大好きで、ディズニーリゾート周辺のホテルに宿泊する事がヤミツキになっています。

ここでは、ディズニーパートナーホテルの魅力についてお話します!

スポンサーリンク


ディズニーパートナーホテルの魅力とは?


私は、ディズニーホテル・ディズニーオフィシャルホテル・ディズニーパートナーホテル、全て宿泊した事があります。

どのホテルもメリット・デメリットがあるので、その時の目的によって使い分けて宿泊しています。

ディズニーパートナーホテルの魅力といえば、何と言っても他のホテルよりも格段に値段が安い事!

ディズニーホテルのようにディズニー要素が詰まっているかというとそうでもなく、オフィシャルホテルのようにディズニーリゾートから近くモノレールでパークまで行けるわけでもありません。

ただ、ディズニーホテルと値段を比べると、一泊分の値段の半分の料金で宿泊が可能です。

私は、誕生日や記念日以外の時は、ディズニーパートナーホテルを利用して、ディズニーホテルに同料金で二泊しちゃいます!

そして、パートナーホテルのもう一つの魅力として、割とギリギリまで予約が可能です。

いきなり「明日、ディズニーリゾートに遊びに行ける!」と急に決まった時でも、予約可能だったりします。

ギリギリだと、宿泊費も格安プランが出ていたりするので、旅行予約サイトをチェックしてみて下さい!

気になるエミオン東京ベイって、どんなホテル?

photo for https://www.hotel-emion.jp/guest/kids_pleasure.php

ディズニーパートナーホテルの中でも、大人気のホテルがエミオン東京ベイです。

2018年1月に新館のエミオンスクエアも出来て、ますます盛り上がりを見せているホテルですね!

エミオン東京ベイの魅力といえば、何と言っても客室のタイプが豊富な事!

私も家族が増えて子供連れでホテルに宿泊するようになってから一番考えるようになったのが、靴を脱いで過ごせる部屋はないか、という事でした。

エミオン東京ベイは、キッズプレジャールームという靴を脱いで寛げる部屋があります。

部屋で遊べるおもちゃも充実していて、部屋にいるだけで子供も飽きる事なく遊べます。

 

しかも、この部屋タイプは「ウェルカムベビーのお宿」という、ミキハウス子育て総研で、赤ちゃんや子連れのファミリーが宿泊できるホテルに認定されたお部屋なので、安心して宿泊する事が出来ます!

 

その他にも、子供からお年寄りまで安心して寛げるシンプルな畳の部屋があります。

実はディズニーリゾートのホテルは、畳の部屋があるホテルが本当に少ないので、とても貴重です。

高齢の方に喜んでもらえますね。

その他にも、バルコニーのある部屋や和室と洋室が一緒になった部屋、車いすでも宿泊出来る部屋など部屋の種類が沢山あるのが魅力です。

ディズニーリゾート周辺で観光は出来る?

遠くから旅行でディズニーリゾートに遊びに来る人は、ディズニー以外の観光も兼ねて遊びたいですよね。

ディズニーパートナーホテルに宿泊しながら遊べる観光地を紹介します。

エミオン東京ベイの他に、パートナーホテルは、浦安ブライトンホテル東京ベイ、オリエンタルホテル東京ベイ、三井ガーデンホテルプラナ東京ベイと、新浦安駅周辺になります。

近場で観光出来る場所でオススメなのが、三井アウトレットパーク幕張です。

ディズニーパートナーホテルのある新浦安駅から、三井アウトレットパーク幕張までは電車で一本、快速だと13分で着きます。

とても綺麗で、お散歩をしながらアウトレットで買い物が出来て家族みんなで楽しめるはずです。

ディズニーリゾートに遊びに行く際は、パートナーホテルを利用し、是非パーク以外の楽しさを見つけてみてください!

スポンサーリンク

関連記事



-ディズニーリゾート
-, , ,