にっこりっか -保育士による子育て情報ブログサイト-

家族みんながいつまでも笑顔でいられますように。そんな願いを込めた「にっこりな一家」という言葉が当サイト名の由来です。

子供の体・健康

【⚠誤認識⚠】赤ちゃん生後9ヶ月でハイハイしない!心配…しない!

だんごむし だんごむし 待って待って 待ってって
だんごむし だんごむし ひっくり返って だんごろり~♪

ハイハイ=いないないばあのわーお!だったのでつい笑
赤ちゃんがハイハイしているところってとってもかわいいですよね!

まあ、赤ちゃんはなにをしてても可愛いんですけどね!
私的に、あのハイハイをしてその体制のままちらっとこっちを見て、ニコって笑うあの顔が大好きなんですよ!!!(マニアックか!笑)

まあ、そんなこんなで今回はハイハイの話なんですね。笑
赤ちゃんのハイハイは大体7~8か月にしますが、それを過ぎてもしないとなると親としては心配になってきますよね。

そこで今回はこの心配事を解消していきたいと思います。

スポンサーリンク


ハイハイをするメリット

ではまず、ハイハイをすることでどんないいことがあるのか見ていきましょう。

  • 筋力がつき、運動機能が発達する
  • バランス感覚や反射神経が発達する
  • 脳が発達する
  • 物との距離感を掴む
  • 動く・移動するという喜びを味わう
  • 周囲の環境を知ることができる
  • 好奇心・挑戦意欲がつく
  • 色々なものに触れることができる

あらまあまあ。こんなにいいことがたくさんあるんですね…。
ハイハイというのは大人の想像よりもはるかに超えた筋力を使います。

ですので、ハイハイをすることによって全身の筋肉が使われるんです。
そうすると赤ちゃんの全身が「今動いてるううううう!」と活発になるので、それに伴い脳も発達していくんですね~。

こう考えると、ハイハイという成長過程はとても大切に思えますよね。
ですが、中にはハイハイをしないという子もいるんですよ!

ハイハイの目安

冒頭でも言ったように、ハイハイというのは基本的に7~8か月ほどにします。
ですが、これは個人差があるのであくまでも目安です。

過ぎたからと言って焦る必要はありません。
ハイハイというのは、お座りができるという前提で出来るんです。

また、前段階としてずりばいを赤ちゃんはすると思います。
これをやり始めたらハイハイをする準備がそろそろできてるよって感じです。

また、ハイハイをせずにいきなり立って歩き始めたという子もいます。笑
そういう子が保育所にもいますが、なんら健康に支障はなくとっても元気に健康に暮らしていますよ~笑

ハイハイの種類

ハイハイというと、まあ一般的に思い浮かぶのは、手と膝でよいしょよいしょと動いてる姿かと思います。

ですが、これはあくまでも一般的なハイハイであり、赤ちゃんによってはハイハイの仕方が異なる場合があるんです。

  • お尻で移動している
  • 高ばいのように手と足の裏で移動する
  • 足でけって移動する

実はこの3つもハイハイの一種なんですよ。

シャフリングベビー

上記の3つのうち、最初のお尻で移動する。ですが、これをずっとやっていて、立つことやうつ伏せを嫌がるという傾向にある子がいます。

その子はもしかしたらシャフリングべビーかもしれません。
これは、運動機能や知的機能が関係している場合があるんです。

寝返りが下手・立つことが嫌・うつ伏せが嫌・お座りは上手だがそのまま移動する
このようなことが毎日のようにあったら病院へ行って診察してもらった方が良いかもしれません。

ハイハイをするために

ハイハイを促すために親がやるべきことです。

周囲の環境を見直す

まず、ハイハイをしないなと思ったら赤ちゃんの周囲の環境を見直しましょう。
ベビーサークルなどでいつも囲って行動を制限していると、赤ちゃんは自ら動こうという意欲をなくしてしまうんです。

ですので、サークルを付けるのはいいですが、どうしても手が離せない時だけ使うようにしたり、危ないところにだけゲージを付けたりするようにしましょう。

筋力トレーニング

ハイハイには筋肉も必要です。
そのために、キックやパンチなどをするよう心がけましょう。

キックが上手にできたらずりばいにチャレンジです!

興味を促す

あとは赤ちゃんのやる気を促すだけです。
おもちゃのその子の好きなものを少し遠くに置いたりして、ママやパパが楽しそうに遊んでみましょう。

そうするだけで、赤ちゃんは興味が出て、ママやパパと一緒にあれで遊びたい!と思うはずです。そうすると、あそこまで行かなくては!!!となりますよね。

そうしたら、もうこっちのもんですよ!
何回もそれを繰り返せばハイハイもそのうちできるようになると思いますよ!

まとめ

  1. ハイハイにはメリットがたくさん
  2. おおよその目安のため気にすることない
  3. 周囲の環境はとっても大事

今回の記事は以上になります。
ハイハイをしないから異常だと思わなくても大丈夫です。

その子にはその子のペースというものがあります。
心と体は一緒に育っているので、心の準備ができたらそのうちやろう!という気になってやり始めますよ~

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

私はもともと高卒貧乏バンドマンでしたが、
月収100万円を達成することができました。

大好きなディズニーにも
いつでも好きなときに行けるようになりました。

平日の空いているときを狙って
友人やパートナーとしょっちゅう行っています。

きっかけは、「起業」という世界に魅了され、
まずは副業からPC1台でビジネスを始めたこと。

今は自動販売機のような仕組みも作ったので
仕事をする時間は1日5分〜10分程度、
いやむしろ、たとえ1日中寝ていたとしても
自動的に毎日収入が生まれるようになりました。

 

起業を教える通信講座なども運営していて、
受講生も次々と自動収益の仕組みを作り
副業月収20万円超えも数多く輩出しています。

最近は、ネットの発達によって、非常に
副業をやりやすい環境が整ってきているので、
1ヶ月目で月収5万円の副収入を
軽々と作ってしまう人も少なくありません。

会社員・専業主婦・大学生、
さらには高校生までも、多くの人が
自由なライフスタイルを確立しています。

 

たまに昔の友人に会ったときには
「絶対ウソだ〜!笑」と言われますが、
事実は事実なので他に言いようがありません。

詳しい話をすれば徐々に信じてもらえますが、
それでも「あなたにはビジネスの才能があって羨ましいなぁ」
と言われて終わりです。

いやいや、私に才能なんて微塵もないんだけど。。

大学受験は滑り止めも全て落ちて
どこにも行けなくて惨めな想いをしたし、

何か知識や資格があったわけでもなければ
ビジネスなんてやったこともないズブの素人。

もちろん特別な人脈なんてありっこないし
起業の軍資金が莫大にあったわけでもない。
むしろ貧乏すぎて借金まみれだったくらいです。

 

そんな私でも、ビジネスに出会い、
少しの間だけ真面目に実践してみたところ
意外とあっさり人生がひっくり返りました。

月収100万円を稼げるようになったことで
心に余裕も生まれたし、自信も持てるようになった。

コンビニで大好きなピノを買うときに
昔のように迷うこともなくなったし、
大抵のものは手に入るようになった。

人生のパートナーと呼べる人とも出会えて
心から笑いあえる楽しい時間も圧倒的に増えた。

 

これらは全部「ビジネスを学んだおかげ」と言えます。

 

正しい知識を得て行動を起こせば
どんな人でも稼ぐことはできます。

こんな何も持っていない普通以下の人間ですら
結果を出すことに成功できたわけなので。

しかも、「ただ稼ぐだけ」ではなく
「多くの人に感謝されながら」稼げる。

 

実際に私のところには毎日のように、

「教えていただいた情報のおかげで
ビジネスで収益を上げることができるようになりました!
本当にありがとうございます!!」

というようなメールがたくさん届きます。

 

昔は、人が喜ぶことなんて正直どうでも良かったけど、
今は収入が増えて心に余裕があるおかげか
そういったメールを読むと自分のことのように嬉しくなります。

なので今は、
昔の私と同じようにお金に悩み苦しんでいる人にとって
少しでも手助けになれれば、という想いで、
こうして情報発信の活動をしています。

 

ちなみに私はメールマガジンも配信していて、
そこでは私が今までに学んできた情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなどを
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

有益なプレゼントもたくさん配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと♪

私自身、楽しみながら書いているので、

「純粋に読み物としても面白い!」

という人もたくさんいらっしゃいます。

 

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。

LP_banner


※秘匿性の高い情報が記載されているため、
「今から30分で2万円を作れる特別マニュアル」のプレゼントは
先着順&期間限定配布となりますので、ご了承ください。
定員に達し次第、予告なくプレゼント配布は終了となります。

関連記事



-子供の体・健康
-, , ,