にっこりっか -保育士による子育て情報ブログサイト-

家族みんながいつまでも笑顔でいられますように。そんな願いを込めた「にっこりな一家」という言葉が当サイト名の由来です。

子どもの遊び・おもちゃ

子供が物を大切にしない4つの原因と対処法!ゴミが子供の味方なり!

2016/10/17

子どもっておもちゃを投げたり、踏んづけたり、叩きつけたり…。
どうしてこんなにも物を大切にできないんだろう。って思ったことありますよね。

買ったばかりのおもちゃがいつの間に壊れていたり、失くされていたなんて日常茶飯事。
もう少し大事に使ってくれよー!って思いますよね。

どうして子どもは物を大切にしないのか。
どうしたら子どもが物を大切にするようになるか。を紹介します!

スポンサーリンク


物を大切にしない原因

monowotaisetunisinai

物を大切にしない原因はなんのかを探っていきましょう!

1.物が多すぎる…。

そう。まず最初に目を付けてほしいのは物の多さです。
物が多いと何を持っているのか。どこにしまったのか。がわからなくなります。

私でも部屋が物で溢れると、こんなの持ってたんだ…。なんてこともあったりして。笑
子どもも同じで、おもちゃが多いから大切にしないというケースがあります。

 

おもちゃを買いに行って、その場の雰囲気で購入してしまったり。
祖父母が孫のためにたくさんおもちゃを買ってくれたり。
小さいころ使っていたものが残されているが今は使っていなかったり…。

そうすることで、いつの間にか物はどんどん増えていきますよね。

2.いつも雑に扱っている。

まだ手先が不器用な子だったり、小さな子ならまだ許せます。

ですが、幼児となっても物を雑に扱っているのは許してはいけませんよね。

ある程度年齢が行ったときに、しっかりと物を大切にすることを教えないといけません。

3.考えさせるものが少ない

1と似ているかもしれませんが、あれこれと子どもの知的や創造力を育てるために色々と買いそろえると物が増えますよね。

買いそろえることがすべてではありません。

トイレットペーパーの芯、ゼリーのカップ、余った毛糸、お菓子の空き箱…。

こんなに身近なものがいろんなものへと変身することをご存知ですか?

子どもはとっても柔軟な発想を持っていて、普段はごみとして捨ててしまうものも子どもにとっては、とっても面白いおもちゃの1つになります。

そうやって考えることで、「あれはこれに」という風にやっていくのでいつの間にか物を大切にする。という習慣がついてきますよ。

4.親が適当

これが1番の問題点ですよ。
脱いだ服、使った小物などなど、そこらへんにほっぽりだしていませんか?

子どもは本当に親の背中を見て育つんですよね。
ママやパパがお片付けしないから僕もしない!なんていう風に言われないようにしてくださいね。

原因はこのくらいになります。次は対策へGO!

物を大切にしようね!

monowotaisetuni

どんなことでもそうですが、原因があるなら対策方法だってあるんです!
しかーし!今回の対策も至って簡単です。

ずばり!原因と反対のことをしてください。

基本的に原因がわかると、それと逆のことをすればうまくいくんです。そういうもんです。笑

説明なしでも伝わると思うのでまとめちゃいますよ!

  • 本当に子どもが欲しいものを買い、いらないもの(使ってないもの)は捨てる
  • 2歳くらいから物を大切に扱うということを根気強く教えていく
  • 手作りおもちゃを作ってみたり、ゴミだけど使えそうなものを与えてみる
  • まずは親自身が物をしっかり大切に扱うようにする

こういうことなんですよ。

子どもに「大切にしなさい」「しっかり片付けなさい」というばかりではなく、自分自身はどうなのかということを振り返ってみてくださいね。

 

色んなものに目移りしてしまうお子さんがいて、どうしてもおもちゃが捨てられないという場合。
大まかに種類分けをして、おもちゃ箱も1つではなく複数用意しましょう。

そうすることで、どれをどこにしまうのか。がはっきりし、次遊ぶときに便利ですよ!

洋服を種類別にするように、おもちゃにもそれぞれのおうちをあげてくださいね。

まとめ

monotaisetumatome

  1. 物は多さが全てじゃない。
  2. 基本的には逆のことをすれば解決する!

以上!今日の記事でした~!

物を大切にするのって結構大変なことですよね…。

新しいのが出るとすぐほしくなっちゃいますもんね。わかります。
でもそこでぐっとこらえて、本当に欲しいものを買うことが1番の近道ですね。

 

まずは大人が子どもの手本となってあげないといけませんね。
お互いに子どもの手本としてがんばりましょうね!

おまけ「手作りおもちゃの作り方動画」

ぽっとんおとし

ティッシュ箱

手裏剣の的

手作りパズル

ゼリーのカップなんかは、女の子ならままごとに使ったりしますよ!

空き箱をそのまま渡すと、男の子はロボットとかも作っちゃいますよ!

普段は使えないと思っているものがこんなにも変身するなんてすごいですよね!

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

私はもともと高卒貧乏バンドマンでしたが、
月収100万円を達成することができました。

大好きなディズニーにも
いつでも好きなときに行けるようになりました。

平日の空いているときを狙って
友人やパートナーとしょっちゅう行っています。

きっかけは、「起業」という世界に魅了され、
まずは副業からPC1台でビジネスを始めたこと。

今は自動販売機のような仕組みも作ったので
仕事をする時間は1日5分〜10分程度、
いやむしろ、たとえ1日中寝ていたとしても
自動的に毎日収入が生まれるようになりました。

 

起業を教える通信講座なども運営していて、
受講生も次々と自動収益の仕組みを作り
副業月収20万円超えも数多く輩出しています。

最近は、ネットの発達によって、非常に
副業をやりやすい環境が整ってきているので、
1ヶ月目で月収5万円の副収入を
軽々と作ってしまう人も少なくありません。

会社員・専業主婦・大学生、
さらには高校生までも、多くの人が
自由なライフスタイルを確立しています。

 

たまに昔の友人に会ったときには
「絶対ウソだ〜!笑」と言われますが、
事実は事実なので他に言いようがありません。

詳しい話をすれば徐々に信じてもらえますが、
それでも「あなたにはビジネスの才能があって羨ましいなぁ」
と言われて終わりです。

いやいや、私に才能なんて微塵もないんだけど。。

大学受験は滑り止めも全て落ちて
どこにも行けなくて惨めな想いをしたし、

何か知識や資格があったわけでもなければ
ビジネスなんてやったこともないズブの素人。

もちろん特別な人脈なんてありっこないし
起業の軍資金が莫大にあったわけでもない。
むしろ貧乏すぎて借金まみれだったくらいです。

 

そんな私でも、ビジネスに出会い、
少しの間だけ真面目に実践してみたところ
意外とあっさり人生がひっくり返りました。

月収100万円を稼げるようになったことで
心に余裕も生まれたし、自信も持てるようになった。

コンビニで大好きなピノを買うときに
昔のように迷うこともなくなったし、
大抵のものは手に入るようになった。

人生のパートナーと呼べる人とも出会えて
心から笑いあえる楽しい時間も圧倒的に増えた。

 

これらは全部「ビジネスを学んだおかげ」と言えます。

 

正しい知識を得て行動を起こせば
どんな人でも稼ぐことはできます。

こんな何も持っていない普通以下の人間ですら
結果を出すことに成功できたわけなので。

しかも、「ただ稼ぐだけ」ではなく
「多くの人に感謝されながら」稼げる。

 

実際に私のところには毎日のように、

「教えていただいた情報のおかげで
ビジネスで収益を上げることができるようになりました!
本当にありがとうございます!!」

というようなメールがたくさん届きます。

 

昔は、人が喜ぶことなんて正直どうでも良かったけど、
今は収入が増えて心に余裕があるおかげか
そういったメールを読むと自分のことのように嬉しくなります。

なので今は、
昔の私と同じようにお金に悩み苦しんでいる人にとって
少しでも手助けになれれば、という想いで、
こうして情報発信の活動をしています。

 

ちなみに私はメールマガジンも配信していて、
そこでは私が今までに学んできた情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなどを
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

有益なプレゼントもたくさん配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと♪

私自身、楽しみながら書いているので、

「純粋に読み物としても面白い!」

という人もたくさんいらっしゃいます。

 

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。

LP_banner


※秘匿性の高い情報が記載されているため、
「今から30分で2万円を作れる特別マニュアル」のプレゼントは
先着順&期間限定配布となりますので、ご了承ください。
定員に達し次第、予告なくプレゼント配布は終了となります。

関連記事



-子どもの遊び・おもちゃ
-, ,