にっこりっか -保育士による子育て情報ブログサイト-

家族みんながいつまでも笑顔でいられますように。そんな願いを込めた「にっこりな一家」という言葉が当サイト名の由来です。

ディズニーシー

センターオブジアースの2つのバックストーリーを徹底紹介!!楽しみ方は?

ディズニーリゾートといえば、アトラクションをはじめ、お店や街並み一つにまでバックストーリーが隠されていることはご存知ですか?

ディズニーシーにあるセンターオブジアースにももちろんあるんです!!

今回は知っているともっと楽しめる、ディズニーシーのセンターオブジアースのバックストーリーと楽しみ方についてまとめてみました。

スポンサーリンク


センターオブジアースって?

photo by kozy06.blog.so-net.ne.jp

センターオブジアースとは、東京ディズニーシーにあるアトラクションです。

ディズニーシーのシンボルでもあるプロメテウス火山の中をジェットコースターで駆け抜けて、噴火口からドドーンと落ちるという、スリリングなアトラクションとなっています。

ディズニーランドでいうところのスプラッシュマウンテンに少し似ている感じですね。ただ、スプラッシュマウンテンのように可愛い動物たちは出てこないのでどちらかというと大人向けのアトラクションという感想です。

バックストーリーその1

photo by ure.pia.co.jpf

「プロメテウス火山の地底に広がる未知の世界へのツアー」というのがセンターオブジアースの設定となっているんです。

未知の世界ということで、「水晶の洞窟」「発光生物のトンネル」、色んな生き物が住む「巨大キノコの森」など、まさに見たことも無い地底の世界を進んでいきます。

 

ところが突然、火山性の地震による大きな揺れに襲われます!!

「火山活動発生!火山活動発生!」と危機迫るアナウンスとサイレンの音ともに何かが崩れ落ちる音がっ!!

火山性地震によって地底探検ツアーの通路がふさがれてしまったことで、ツアー参加者を乗せた地底走行車は予定されていたコースから外れて誰もまだ到達したことのない地底の奥深くへと迷いこんで行きます…。

バックストーリーその2

photo by blogs.yahoo.co.jp

地底列車は更なる未知の世界へと突入していきます。

粘液に保護された巨大なタマゴがいくつも産み付けられている不気味な洞窟を通り過ぎ、嵐で荒れる「地底の海」では落雷が直撃っ!!

制御不能になった地底走行車はさらに地底奥深くへと進んで行きます…。

 

すると突然巨大な雄叫びとともにツアー参加者達を乗せた地底走行車を追いかけてくる轟音がっ!!目の前には溶岩から上半身を現した巨大な怪物「ラーバモンスター」が現れます。

ラーバモンスターに地底走行車が襲われそうになった直後、なんと、大規模な噴火が起こり地底走行車は溶岩の圧力に押し上げられ火道内を急上昇!そして噴火口から吐き出され落下します!!

溶岩の流れ道にできた裂け目に突入した地底走行車は、ミステリアスアイランドにあるカルデラのトンネル内を走りぬけ、最終的には無事地底走行車の降り場となる「地熱貯蔵庫」に無事到着します。

センターオブジアースの基本情報

photo by blogs.yahoo.co.jp/zuga0522/

場所 東京ディスニーシー ミステリアスアイランド
所要時間 3分
最高速度 約75km/h
利用制限 高血圧の方、心臓、脊椎、首に疾患がある、乗り物に酔いやすい、妊娠中、高齢の方など利用不可。また、身長117cm未満の方も利用不可。

 

楽しみたいなら映画も要チェックっ!!

photo by www.narinari.com

センターオブジアースは、なんと映画化されていますっ!!

そもそも、センターオブジアースは、ジュール・ヴェルヌの名作「地底旅行」の世界観を元にアトラクションにしたものなんです。これを最新の3D技術で映像化したのが映画「センターオブジアース」なんです!

 

ディズニーリゾートにあるアトラクションに関連する映画は実はいくつかあって、ディズニーランドの「ホーンテッドマンション」はエディマーフィーが主演で映画化され、「カリブの海賊」はジョニーデップ主演の「パイレーツオブカリビアン」として大ヒットしたのはご存知かと思います。

映画をチェックしてからアトラクションに乗ると、より世界観を感じることができるので楽しみ方としてぜひおすすめしたいですっ♪

まとめ

いかがでしたか?

センターオブジアースは地底を探検するアトラクションです。だれも見たことのない未知なる世界を見学することができるなんて、ディズニーでしか体験できないですよねっ。

スリル満点なアトラクションなので、絶叫マシン好きの方にもぜひおすすめです。

遊びに行く前には、ぜひバックストーリーをチェックして世界観をより深く楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事



-ディズニーシー
-, ,