にっこりっか -保育士による子育て情報ブログサイト-

家族みんながいつまでも笑顔でいられますように。そんな願いを込めた「にっこりな一家」という言葉が当サイト名の由来です。

ディズニーシー

これは深いっ!ディズニーシーの各エリアごとにまつわる設定をご紹介!

2016/11/03

ディズニーシーは7つのテーマポートに分かれています。

それぞれ街並みが違うのはご存知だと思いますが、外観だけではなく、テーマポートごとに細かいバックグラウンドストーリーがあります!

どんなストーリーがあるのか、知っているとパークを歩くだけでも楽しさ倍増すること間違いなし♪

7つのテーマポートごとにそれぞれのバックグラウンドをご紹介します。

スポンサーリンク


メディテレーニアンハーバー

photo by prcm.jp/album/d8d2ee6ddd569/

photo by prcm.jp/album/d8d2ee6ddd569/

ディズニーシーに入ってすぐにあるのがメディテレーニアンハーバー。

この街は、南ヨーロッパの古き良き港町を再現しています。

photo by prcm.jp/album/007c775e801c0/

photo by prcm.jp/album/007c775e801c0/

美しい眺めの漁村「ポルト・パラディーゾ」はイタリアのポルトフィーノやチンクエ・テッレなどがモデルになっていて、

ロマンティックな運河が魅力的な「パラッツォ・カナル」はイタリアのヴェネチアが、モデルになっています。

実は、ポルト・パラディーゾには市長さんがいらっしゃいます!

paradiso

メイヤー市長というこの方は、カフェ・ポルトフィーノ付近で市民の声を聞いたり、観光客のお相手をしていることが多いそうです。

そして、市長の重要な役割の一つとして、ミラコスタで行われる結婚式の司武者があります。

キリスト教式の一般的な挙式ですが、彼がユーモラスに最後まで明るく挙式を盛り上げてくれますよ!

アメリカンウォーターフロント

photo by blog.goo.ne.jp/ruinsdiary

photo by blog.goo.ne.jp/ruinsdiary

アメリカンウォーターフロントは20世紀初頭のふたつの対照的なアメリカの港を再現しています。

活気溢れるニューヨークの街並みには、高架鉄道や自動車が行き交い、素朴な田舎町の漁村のケープコッドでは、ゆったりと美しい景色を眺めて過ごすことができます。

photo by blogs.yahoo.co.jp/kyuujitujieitai

photo by blogs.yahoo.co.jp/kyuujitujieitai

港では、これから処女航海に出発する豪華客船S.S.コロンビア号の就航祝賀パーティーが開かれています。

近くにある「セイリングデイ・ビュッフェ」が祝賀会の会場なんですよ♪

実はこのS.S.コロンビア号は、あの有名な「タイタニック号」をモデルにしているんです。

大きさこそタイタニック号の半分ほどですが、建造計画の発表や建造開始、進水式実施、処女航海が行われる年が同じ!!

photo by tokyodisneyresort.info/navi/

photo by tokyodisneyresort.info/navi/

ダッフィーの故郷でもあるケープコッドは、アメリカにある同名の漁村「ケープコッド」と、ナンタケット島がモデルになっているエリア。

レストラン「ケープコッド・クックオフ」は、村で行われる伝統的な料理大会の会場という設定なんですよ♪

ポートディスカバリー

「時空を超えた未来のマリーナ」がコンセプトのポートディスカバリー。
100年前のアメリカの人たちが想像した、100年後の未来の世界という空想の世界なのです。

ディズニーランドにも未来をテーマにした「トゥモローランド」というエリアがありますが、あちらは現実の未来をイメージして作られたもの。

「ポートディスカバリー」は昔の人が思い描いた未来ということで、ちょっぴりレトロな感じがするんですね。

storm-rider

「ポートディスカバリー」はアトラクションの「ストームライダー」を中心に広がっていた世界なんです。

気象コントロールセンターの「ストームライダー計画」の研究成果を発表するために、ポートディスカバリー全体でお祭りを開催しているという設定がありました。

 

アトラクションの「アクアトピア」は特別に公開されている研究施設、「ホライズンベイ・レストラン」は気象コントロールセンターを訪れる科学者やゲストをもてなすためのレストランということになっていますが…

肝心の「ストームライダー」が2016年5月で終了し、代わって2017年春には映画「ファインディング・ニモ」をテーマにしたアトラクションがオープンします。

果たして、この世界観はどうなってしまうのか、注目です!

ロストリバーデルタ

「ロストリバーデルタ」は1930年代の中央アメリカ、カリブ海沿岸のジャングルが舞台のエリアです。

ジャングルでは古代文明の遺跡が発掘され、遺跡にひそむ神秘と脅威を明らかにしようと、考古学者や一攫千金を狙う者たちが多く集まるようになりました。

カリブ海沿岸のこの地は、かつてはジャングルに閉ざされた未開の地でしたが、1880年代にハリケーンに襲われたとき、それまで人知れず存在した河が姿を現しました。それが「ロストリバー」です。

lost-river

レストラン「ユカタン・ベースキャンプ・グリル」は、遺跡発掘をする調査団のベースキャンプです。

探検家や学者に食事を提供するためのレストランということで、実際にスモーク料理を中心としたメニューを食べることができます。

このレストランに行った、ぜひ店内を流れるBGMに注目してください!

メキシコ音楽が流れたり、「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー」の助手、パコが企画した魔宮ツアーのCM や、「ジョーンズ博士が若さの泉を発見した」ニュースなど時代設定に沿った内容のラジオ放送が流されていますよ。

アラビアンコースト

arabian-coast

アラビアンコーストは、魔法と神秘につつまれた「アラビアンナイト」の世界です。

サルタン王がエキゾチックな魔法の世界を国の人々に広めていきたいと願い、魔法使いジーニーに頼んで作ってもらった場所ということもあり、映画「アラジン」の世界観を再現した異国情緒あふれる街並みになっています。

アラビアンコーストではちょっとした裏路地の風景こそが見どころなんです!

一見ごちゃごちゃした感じに見えますが、洗濯物がひっかけてあったり、かなり細かいところまで街並みが再現されているので、異国の雰囲気をよりリアルに感じることが出来るんですね。

マーメイドラグーン

ディズニーシーの中で子供にも人気があるエリアの「マーメイドラグーン」。
映画「リトルマーメイド」の世界を再現したエリア。

アリエルのお父さんのトリトン王が、人間と海の世界の住人が仲良くなれるようにという思いでマーメイドラグーンを作ったそうですよ。

photo by afart.blog.fc2.com

photo by afart.blog.fc2.com

屋内施設が海の中をイメージした「トリトンズ・キングダム(人魚の王国)」、外のエリアは「アバブ・ザ・シー(海上)」をイメージして作られました。

トリトンズ・キングダムの中では、アリエルにも会えるので、特に女の子に人気があります♪

ミステリアスアイランド

photo by blogs.yahoo.co.jp/mamiaugust

photo by blogs.yahoo.co.jp/mamiaugust

ジュール・ベルヌの小説「海底二万里」に登場する島がモデルとなっているミステリアスアイランド。

謎の天才科学者ネモ船長の秘密基地でもあります。

時代設定は1870年代。南太平洋に浮かぶ火山島ということで、ディズニーシーのシンボルでもある「プロメテウス火山」はこのエリアにあります。

 

島の中央にあるのがカルデラ湖で、そこにネモ船長の潜水艇ノーチラス号が停泊しています。

ちなみに、このエリアにいる「キャスト」はネモ船長の乗組員という設定により「クルー」と呼ばれるんですよ。

photo by xn--dck3bubs9v.net

photo by xn--dck3bubs9v.net

ネモ船長の研究のひとつとして地底調査もあるんです。

プロメテウス火山から地底世界へと降りることに成功したネモ船長。

アトラクション「センター・オブ・ジ・アース」では、ネモ船長が発見した神秘の世界を見ることができますよ!!

まとめ

いかがでしたか?

各テーマポートごとに違った設定やそれにまつわる物語があるんです。

知っていると、今までは移動するためだけになんとなーく歩いていたルートも、ひとつひとつ興味深く見ることが出来るのではないでしょうか?

 

今回の記事は私もあまり知らなかったテーマだったので、
調べながら書いていて、自分自身とても勉強になりました!

今すぐにでも遊びに行きたい気持ちでいっぱいです(笑)

 

知れば知るほど楽しめるディズニーシー。
一緒に行く家族や友達、恋人に教えてあげると喜ぶこと間違いなしですよ!!

スポンサーリンク

photo by prcm.jp/album/mfps0511/

関連記事



-ディズニーシー
-, ,