にっこりっか -保育士による子育て情報ブログサイト-

家族みんながいつまでも笑顔でいられますように。そんな願いを込めた「にっこりな一家」という言葉が当サイト名の由来です。

子供の心理 子供の病気

10ヶ月の赤ちゃんが後追いしないから心配!実は生まれ持った○○に原因が!

1歳になる前は本当に赤ちゃんって感じで愛らしいですよね。
そんなわが子に後追いされたら、もう可愛くて可愛くて仕方なくなりますよね!

けれど、後追いしない子や人見知りもしない子がいたりして…。
うちの子は大丈夫かしら?って心配になったりもしますよね。

では後追いしない理由はなんなのか。
ということを今回は紹介していきますよ。

スポンサーリンク


そもそも後追いとは

atooitoha

そもそも後追いとはなんなのか。ということから説明していきますね。

お母さんの姿が見えなくなると泣いてしまうのが後追いです。
また、泣き出した後にママの姿を探して後を追いかけるのが具体的な後追いです。

ママの姿が目の届く範囲にいないと不安になってしまうのです。
見えなくなるとママの姿を泣きじゃくりながら探し回ります。

数秒でもママが見えなくなるともう大変になってしまいます。
トイレや家事をするのも一苦労。そのせいでママにストレスが溜まりまくってしまうのです。

 

後追い時期ですが、一般的に生後6か月~1歳が多いです。
ピークは8か月が一般的とされています。

1歳くらいには治まりますが、3歳くらいまではママのことを意識します。
歩き始めることで後追いが治まるのです。

その原因としては、今までは視野が狭く、ママと自分だけでした。
しかし、歩くことで視野が広がり、周りに興味が出てくるためだと思われます。

後追いしない理由・原因

atooiriyu

赤ちゃんは生後間もなくは視力が弱く、ママという存在がいる。ということまでしか認識しません。
ですが、視力がはっきりしてくると、ママという存在をはっきりと認識します。

そのうえで、ママと顔の違う人がいるけれどママはいない。となったら不安で仕方なくなります。
そのため、ママに助けを求めて後追いするのです。

後追いをするときは、人見知りもします。
ただ、子どもによっては人見知りも後追いもしない子どもがいます。

その原因としては、その子の性格だと思われます。
または、ママとの絆が浅すぎる。ママだと認識されていない。ということです。

 

赤ちゃんにも、生まれつきもった性格があります。
赤ちゃんの頃は分かりづらいかもしれませんが、それが1歳過ぎるとはっきりしてくると思います。

私も母に聞いたところ、最初は泣いたがすぐに泣かなくなり、後追いも人見知りもしなかった。
ということでした。母曰く、ちょっと寂しかったらしい…。笑

私は、成長した後も人見知りをした経験が全くありません。
ですので、私のように活発な性格の子どもたちは後追いや人見知りをしない方が多いのです。

ママとしては寂しいとは思いますが、心配することはありません。

 

ただし、一つだけ心配してほしいことがあります。
自閉症などの発達障害を持った場合です。

赤ちゃんの時は分かりづらいですが、「目を合わせない」「あやしても笑わない」など感情が乏しい場合は、発達障害を疑ってください。

人見知りや後追いをするかということより先に、感情がしっかりしているかということが大切です。
感情が乏しい場合は、検診などで相談すると良いでしょう。

まとめ

atooimatome

  1. 後追いは6か月~1歳の期間らへん
  2. 性格が後追いをしないようにしている

今回の記事は以上になります。短くてすみません…。笑
後追いをされると嬉しい半面、ママからしたらため息がつきたくなる時も。

ため息がつきたくなるほど後追いされたらな…。って思いますよね。

 

保育園でも、愛情を注ぐと抱っこしてと言わんばかりに、泣きじゃくりながらハイハイやまだよたよたの歩き方で寄ってきたりします。

その時に、私の愛情はしっかり届いているんだな。って感じます。
まあ、後追いしない子もいますけどね。とっても活発でいつもニコニコしてる男の子の赤ちゃんが。笑

 

後追いされたらそりゃうれしいですが、されなくて心配することはありません。
障害を持った場合、すぐに変だなと気づくはずです。

後追いされてもされなくても、愛情をもって毎日接していればいつか報われます。
「ママ大好き」って必ず言ってくれます。愛情をしっかり注いで子育てかんばりましょうね!

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

高卒貧乏バンドマンがPC1台で起業して月収100万円を達成した物語

僕はもともと高卒貧乏バンドマンでしたが、
月収100万円を達成することができました。

大好きなディズニーにも
いつでも好きなときに行けるようになりました。

平日の空いているときを狙って
友人やパートナーとしょっちゅう行っています。

きっかけは、「起業」という世界に魅了され、
まずは副業からPC1台でビジネスを始めたこと。

今は自動販売機のような仕組みも作ったので
仕事をする時間は1日5分〜10分程度、
いやむしろ、たとえ1日中寝ていたとしても
自動的に毎日収入が生まれるようになりました。

 

起業を教える通信講座なども運営していて、
受講生も次々と自動収益の仕組みを作り
副業月収20万円超えも数多く輩出しています。

最近は、ネットの発達によって、非常に
副業をやりやすい環境が整ってきているので、
1ヶ月目で月収5万円の副収入を
軽々と作ってしまう人も少なくありません。

会社員・専業主婦・大学生、
さらには高校生までも、多くの人が
自由なライフスタイルを確立しています。

 

たまに昔の友人に会ったときには
「絶対ウソだ〜!笑」と言われますが、
事実は事実なので他に言いようがありません。

詳しい話をすれば徐々に信じてもらえますが、
それでも「お前にはビジネスの才能があって羨ましいなぁ」
と言われて終わりです。

いやいや、僕に才能なんて微塵もないんだけど。。

大学受験は滑り止めも全て落ちて
どこにも行けなくて惨めな想いをしたし、

何か知識や資格があったわけでもなければ
ビジネスなんてやったこともないズブの素人。

もちろん特別な人脈なんてありっこないし
起業の軍資金が莫大にあったわけでもない。
むしろ貧乏すぎて借金まみれだったくらいです。

 

そんな僕でも、ビジネスに出会い、
少しの間だけ真面目に実践してみたところ
意外とあっさり人生がひっくり返りました。

月収100万円を稼げるようになったことで
心に余裕も生まれたし、自信も持てるようになった。

コンビニで大好きなピノを買うときに
昔のように迷うこともなくなったし、
大抵のものは手に入るようになった。

人生のパートナーと呼べる人とも出会えて
心から笑いあえる楽しい時間も圧倒的に増えた。

 

これらは全部「ビジネスを学んだおかげ」と言えます。

 

正しい知識を得て行動を起こせば
どんな人でも稼ぐことはできます。

こんな何も持っていない普通以下の人間ですら
結果を出すことに成功できたわけなので。

しかも、「ただ稼ぐだけ」ではなく
「多くの人に感謝されながら」稼げる。

 

実際に僕のところには毎日のように、

「教えていただいた情報のおかげで
ビジネスで収益を上げることができるようになりました!
本当にありがとうございます!!」

というようなメールがたくさん届きます。

 

昔は、人が喜ぶことなんて正直どうでも良かったけど、
今は収入が増えて心に余裕があるおかげか
そういったメールを読むと自分のことのように嬉しくなります。

なので今は、
昔の僕と同じようにお金に悩み苦しんでいる人にとって
少しでも手助けになれれば、という想いで、
こうして情報発信の活動をしています。

 

ちなみに僕はメールマガジンも配信していて、
そこでは僕が今までに学んできた情報の中から
より良いものだけを抽出して厳選し、

より具体的な稼ぎ方のノウハウなどを
惜しみなくお伝えしています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

有益なプレゼントもたくさん配布していますし、
いらなくなればいつでもメルマガ解除できるので
まずは気軽な気持ちで読んでみてもらえればと♪

僕自身、楽しみながら書いているので、

「純粋に読み物としても面白い!」

という人もたくさんいらっしゃいます。

 

メルマガは下記から無料で読むことができます。

送っていただいたメールアドレス宛に
すぐに1つ目のプレゼントを送らせていただいています。

LP_banner


※秘匿性の高い情報が記載されているため、
「今から30分で2万円を作れる特別マニュアル」のプレゼントは
先着順&期間限定配布となりますので、ご了承ください。
定員に達し次第、予告なくプレゼント配布は終了となります。

関連記事



-子供の心理, 子供の病気
-, ,